寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

魚を食うなら、鶴ヶ島へ行け!@魚の八石 埼玉県鶴ヶ島市

c0074444_1920035.jpgc0074444_19281918.jpg

大好きな年上の友人、Kさんにお誘い頂いたのが、お魚が美味しいという魚の八石
埼玉県の東武東上線 鶴ヶ島駅から歩くこと10数分、おお、ここがそうなのね。
フリでは、入ることもないであろう雰囲気ですが(汗)、Kさんのオススメでハズレたことはないので、期待しちゃいます。
『ちわーす』で足を踏み入れると、牡蠣や貝、お魚の入った発泡スチロールの箱がお出迎えです。
c0074444_19252414.jpgc0074444_1925974.jpg
メニューの短冊がズラリ。何を頂こうかな?
後ほどKさんのご主人もお見えになり、楽しい宴の始まりですっ。

c0074444_19291232.jpgお通しは、ホタルイカの酢の物
実はホタルイカって苦手な部類なんだけど、これはプリプリでウマイ。
今までフレッシュなものを食べたことがないから、美味さが分からなかったのか~。
透明感が違いますね。

c0074444_1933721.jpg
鯵(あじ)のお刺身
Kさんオススメの逸品。私は青魚やヒカリモノが大好き。1切れがダイナミックに大きいですわ。
ちょっと、これ、う、美味すぎなんですけど。こんな美味しいお刺身は、頂いたことがないですよ。
しかも、ここは埼玉県。海は近くにありません。どっちかと言えば、山が近いんですけど。。
c0074444_19335361.jpg
帆立貝(ほたてがい)のお刺身。貝柱のほか、ひもも、肝も、えらの部分も全部、さばいてあります。
うわー、えらの部分(写真中央下)は、あん肝か、フォアグラみたいです。甘くてとろりとして。
貝柱は、この上なく、甘いっ。醤油を付けると、更に甘さが際立ちます。
肝も苦味がなく、美味。ひももイイ感じです。目からウロコがポロポロの嵐ですよ。
c0074444_19333868.jpg
岩牡蠣(いわがき)。1個 1,050円ですが、後悔はしませんよ。15センチほどの大きさ。プリプリと強烈なアピールにめまいさえ覚えます。
身も厚く、味も乗り、レモンを絞らなくても、その清冽な美味さを堪能できるほど。
クセもなく、食べ応えがあり、な、何しろ美味過ぎです。。

生ビールから、冷えた八海山へ切り替え。最近、日本酒の旨さが分かってきたかも。。
こちらのお店は、八海山のうまい店ガイドにも出ています。
c0074444_19343393.jpg
初鰹(はつがつお)のお刺身。実は鰹って得意じゃありませんでした。
が!今まで食べた鰹と、色が違うじゃないですか!今まで食べたものは、赤紫だったぞ?ここは真紅の鰹です。
間に挟んであるのは、ニンニク。えーっ、旨い!おろしにんにくもたっぷりつけて、幸せでコワイ。
c0074444_19345135.jpg
帆立貝(ほたてがい)の焼いたもの。もー、こちらも旨い(感涙)。。
c0074444_19353825.jpg
最後に、お味噌汁。具の中身は日替わりらしく、本日は貝のお味噌汁。お出汁の濃厚な旨さに、幸せを感じます。

東京でこれだけボリュームのあるものをお腹いっぱい食べたら、おひとり1万円くらいは取られると思うけど。
このスバラシイお店は、飲んで食べて、3人で1万円強。。
えええええ、びっくしだよ、も~!

魚を食うなら、鶴ヶ島へ行けっ!ですよ。お魚は各産地から、運んでもらっているそうです。
魚の生臭さは一切なく、何を頼んでもとれとれの新鮮さ、甘さ、海の恵みの豊かさに感激なんです。
素晴らしすぎて、本当は教えたくないんですっ!週末は混み合うそうです、て、平日のど真ん中でも混んでましたけど(不便な場所なのに)。。

追記 

このところの私は、相手の顔色ばかり伺って、萎縮し、テンションはどん底まで落ち、
Unhappyなことこの上なく、ぽつーんとしておりました。
そんな時に、ありのままの私を受け入れて下さって、温かな雰囲気で包んでくれた大事な友人ご夫妻に御礼申し上げます。
心が解放され、取り合えず今日と明日をやり過ごす気力が湧きました。
美味しいものと、理解してくれる友人がいれば、人生何とか生き抜けるものかもしれません。感謝。
[PR]
by blueinjpn | 2007-05-16 23:59 | 美味しいもの