寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

何となく占ってみた

c0074444_20165352.jpg

暑いですなあ。まだ6月なのに。。
この先どうしたらいいのか分からぬ真夏日続き。
勤務先に着くまでに、既に1日分の体力は使い果たしておりますです。。

唐突に何の関係もなく、こんな話題に。
本当は全然違うことを書こうと思っていたのだが。

ハーレム通信を拝見させて頂いて、真似っこして占ってみた。

真剣に占いを信じるわけでもなく、結果を見てふーんと思い、忘れてしまうことが多いのだが。

まずは山手線占い

c0074444_20303332.gif


なんと私は新橋らしい。

どんな性格?

時おり大胆な行動で人を驚かせる豪快なタイプだが、内面はとても純粋で繊細な人。しかも外見からは想像できないが、大変な人見知り。心を開いた人には本音でぶつかるが、そうでないとどこか心を閉ざしている。しかし生まれつきの社交的カンと親切心があるので、周囲にはそう見えない。細かい心配りと理解力で、よき相談役となる。

恋愛の傾向

関係のない異性と気兼ねなく話すのは得意だが、根が臆病なので本気の恋になると素直になれず、なかなか本当の気持ちを伝えきれない。恋愛には夢や理想をもっていて、気を許すといきなり大胆になったり、わがままになったり豹変する一面もある。いい意味でも悪い意味でも相手がそのギャップに腰を抜かしがち。



うーん、結構、当っているかも。。。
人間の心理なんて氷山の一角。自分が思っている自分、他人が感じている自分、
また意外な自分があったりして、一体どれが本当なんだろう?と思ったり。

珈琲占い
c0074444_20283873.gif


コーヒー中毒とも言える私はどんなものなのか?
占うと、ブラジル・サンマリノだそうだ。

あなたは、珈琲にたとえると【ブラジル・サンマリノ】タイプです。

とても頭の回転が速く、なんでも器用にこなしてしまうあなた。
大抵のことを見よう見まねで出来てしまうあなたは、芸達者な素質があるようです。
そんなあなたのパッと際立つ存在感を珈琲にたとえると、香り高い【ブラジル】がぴったり。
興味がそとに向かっているので、はじめて逢った人にたいしても、容易に話を合わせる社交能力があり、情報通なので話題も豊富。
すこし神経質になりやすい傾向がありますが、その分、人が気がつかないようなこまかいところまでよく気がつくタイプといえるでしょう。

好奇心が子どものように旺盛で、いつもさまざまなことに興味を持っているあなた。
テレビや雑誌で新しい情報を得ると、すぐにそれにチャレンジしたがるような積極性があります。
いつも気持ちがあちこちへ行きやすい代わりにちょっと飽きっぽい面がありますが、いつも新しい刺激を求めつづけることで、年齢を重ねてもいつまでも若々しい感性を持ち続けることができるはず。
年をとっても流行には敏感なタイプで、新しいものを取り入れていくことにあまり抵抗は感じないようです。
フットワーク軽く、いつまでも新しいことを追い求めていくことになるでしょう。

友達にするなら【カフェコンジェラート】、【カフェファンタジア】の人が意気投合しそうです。
恋人にするなら【ココナッツウィンナー】の人が相性ばっちりのはず。




そうなんだ。。
Coffeeなら、NYのこの店のMaplewalnutsが好きなんだけど。

【カフェコンジェラート】、【カフェファンタジア】ってどんなもんか知らないんですけど、
お友達になってもらえるのかしら??

ご覧頂いた皆様も占ったら、結果を内緒で教えてね。
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-28 20:40 | 占い

シュラスコで酒池肉林?

M嬢T氏とのよるmeetingが実現いたしまして、昨夜はこちらの店に行ってきました。
ここのDinnerに備えるには相当の体力と覚悟が必要と私が脅したもので、
三者三様にこの日のために鍛えて立ち向かったものです。(オーバー?)

c0074444_6204336.jpgブラジルのシュラスコ(串に刺して炙ったお肉)と各種のサラダ、ブラジル料理を堪能できます。
お肉はイケメンが、各テーブルを回ってアツアツをサーブしてくれます。
c0074444_6211380.jpgこれはチキンとソーセージ。
味付けがかなりしっかりしているので、お酒が進んでしまいます。
c0074444_6215023.jpg焼ポテトと牛の何処かの部分のグリル。
お肉のほかに、焼いたパイナップル、チーズなんかも口直しに美味しいものです。

c0074444_62302.jpgピッカーニャ(牛のランプ肉)やクッピン(セブ牛のコブの部分)をはじめ、ハラミなど牛肉を中心にチキン、豚、など色々あるのですが、そのうちどれがどれやら分からなくなります。。
レア気味のお肉。美味しかったです。あれやこれや15種類くらいは食べたでしょう。
もう喉までお肉がきてますっ。。


c0074444_6234839.jpg
ここで大好きなカイピリーニャ。ピンガと言うサトウキビから作られたお酒にライム、お砂糖を添えたもの。かなり強いのですが、口当たりが良く、大好きなお酒。
色々な店で飲んだのですが、ここのが一番ウマイと思います。蒸し暑い夏の夜に最適。
ソーダで割ってもサッパリ。
楽しくお話しているうちに、飲みすぎ。。


c0074444_624682.jpgサラダバーも充実していて、30-40種類くらいありそう。
フェジョアーダというお豆の煮込み(写真右の黒いもの)は、見た目は悪いのですが、日本の肉じゃがに位置するような家庭的な優しい味。
これも抜かりなく食べます。
ポンデケージョ(チーズ味のパン)もアツアツをテーブルに運んでくれて、モチモチで幸せな味。

c0074444_6242221.jpg隠れた大ヒット、フルーツカクテルのサラダ。(手前の白いもの)
生クリーム、ヨーグルト、多分マスカルポーネか何かのチーズで、フルーツカクテルを合えたもの。単純なものなのに、とーっても美味しい。
実はこれを食べたさに行く、という気もしたり。。

ハズレなく美味しゅうございましたわ。
お二人も気に入った様子で良かった、良かった。

c0074444_6242999.jpg最後にコーヒーとマンゴのシャーベット。この頃には肩で息をする有様。

お店の雰囲気も良く、コストパフォーマンスの良さから外人客も多し。
予約なしにはテーブルが取れない人気店です。

お値段はシュラスコ、サラダのバッフェ、フリードリンクで〆てお一人様6,200円。
お安くはないけれど、納得できる充実振り。

しかしこの先1ヶ月は肉が見たくない。。と思うほど堪能してしまうので、訪れる頻度が多くはないのですが、満足でした。

オススメ度
★★★★★

c0074444_6201930.jpg
M嬢、T氏におかれましては、お忙しい中、時間を作って下さって、お付き合いの程、ありがとうございました。
先日のLunch Meetingでは時間が足りず、お付き合い頂いたのですが、この日も3時間以上があっという間。
美味しいお料理とお酒、楽しい会話で、良い時間が過ごせました。
お二人のインテリジェンスに合わせた話もしたかったのですが、私のレベルに合わせた内容になった気もして申し訳ない。。
帰ってきてからあれもこれも話したかったな~と思ったり。

これに懲りずまたお付き合い下さいませね。
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-25 08:20 | 美味しいもの

二人の天才

日曜の夜にDVDをレンタルした映画2本。
どちらも天才ミュージシャンの映画。
c0074444_19381748.jpg

"Ray"。ロードショウで見たかったのに、上映映画館が少なく、見逃してしまったもの。
レイ・チャールズの魅力を満喫。

改めて、素晴らしい曲が多かったのだと思う。

ベートーベンのMoonlight Sonataといい、
スティービー・ワンダーのYou are the sunshine of my lifeといい、
視力を奪われた人はこんなにも、健常者よりもずっと、感覚が鋭いものかと思い知らされる。

主演俳優はレイ・チャールズ本人としか思えない。。

惜しくも逝ってしまった方だが、大きなコンサートホールでなく、
プレイヤーの汗がかかるほど小さな、紫煙のたゆたうClubで彼の音楽を聴いてみたいと思わせる。

7月のNYは、小さなJazz Clubに行こうかな。

さすが、アカデミー賞を取るだけあって、一気に引き込まれてしまう。
アカデミー賞は、レイ・チャールズの功績を称える意味もあると思うのだが。

12人の子供を設けたとはご立派。映画の中では子供は4人まで確認できたので、
あと8人いるってことね。

色気がなけりゃ、こんな素晴らしい音楽は作れまい。。

映画自体は好きだが、回想シーンが多すぎるのに辟易。
どうして最近の映画は皆こうなの?

実は、お母さん役の女優さんが一番印象に残ったのも事実。

オススメ度
★★★

c0074444_19385753.jpg

もう一つが”De-Lovely”
五線譜のラブレター という邦題は恥ずかし過ぎ。。
コール・ポーターの映画。
名曲"Night and day"が大好きなので、借りてみたのだ。

レンタルする時も、"Ray"と一緒に借りるのはどんなもんか?と思ったのだが、
やっぱり対照的だ。

"Ray"がBlack率99%に対して、
こちらはWhite率99%。

主演がケヴィン・クラインと知ってガックリ。。この人どうにも苦手なんである。。
薄化粧の顔にもしかして?と思ったらやっぱりそうだった。。

最初はレンタルして失敗したか?と思ったのだが、
彼の妻役アシュレイ・ジャッドが出てきて、いきなり映画が良くなった。

彼女が
私があなたを愛するように愛してくれなくてもいい と言ったとおり、
一方的な愛の痛みに耐えて、生涯を添い遂げることになる。

愛とはなんと、許容と忍耐を必要とするものか。

人を愛すれば愛するほど、喜び、切なさを通り越し、
胸の痛みと苦しみに満ちたものか。

映画は私の好みとは掛け離れていたものの、
アシュレイ・ジャッドの抑えた好演、美しさに心惹かれ、★ひとつUP。

オススメ度
★★+
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-22 20:34 | Movie

レモネードに和む

ナンだか、クタビレタ。c0074444_2320152.jpg
今日は、○クドナルドの気分じゃないし、
もう少し小ぎれいなお店がいいなと
ジムに行く前に、何か飲みたいなとフラッと入ったのは、このお店。
なかなか雰囲気が良くて、店員のレベルも割りと高くて、結構好きなお店です。

何にしようかメニューを眺めて、
新製品のジュースも良いけれど、ホッとするようなものがイイナと考えていると、
フレッシュレモネードが目に留まった。

店員さんに「アイスが良いですか?ホットが宜しいですか?」と聞かれ、
日も暮れると、結構涼しくなってきたし、ホットのレモネードをお願いした。

c0074444_23203749.jpg


あら、うれしや、なんとピッチャーで出して下さる。
ピッチャーの中にはレモンが1個分はありそうなスライスレモンがドッサリ。

Open Airになったカフェで涼風を受けながら、
湯気の立つレモネードを頂く。

レモンの苦味と爽やかさ、蜂蜜もたっぷり入っていて、
身体や心の固いところが、ほぐれていくような濃厚な美味しさ。

今日の気分を和ませてくれるホット・レモネード。

300円でピッチャーごと出してくれるなんて何て素敵。
グラスに2杯も飲めました。

ファーストフードの店とはいえ、侮れない素敵なメニューに感動。
各テーブルに飾ってある小さなお花の心配りも嬉しい。

お店の店員さんの心配り、言葉遣いも○でした。

疲れたあなたにホット・レモネード、オススメ度
★★★★★
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-21 23:48 | 美味しいもの

スポーツジム奮戦記

先週入ったスポーツジム。

私は根がケチ、モトを取ろうという意欲に燃えてますので、
週に3回は通う!という信念のもと、今週は今日で週3回になりました。

c0074444_18423070.jpg


私の通っているジムは、スタジオのプログラムも充実していて、
目新しさにあれこれTryしています。

お気に入りは
ボディコンバット→ボクシングのエクササイズ

ボディパンプ
→ウェイトを使うクラス

ピラティス→体幹部の筋バランスを改善し、機能的な姿勢へ導くそうだ。
ヨガよりはラクで、ストレッチを細かく分析して教えてくれるもの。
先生が良かった所為もあり、NYでも流行というこのピラティスを初体験でかなり気に入った。
血行が良くなるみたいで、腕から手先が赤くなってきたのにはビックリ。

私は根性なしな上、機械オンチで色々なマシンは図解説が有るにもかかわらず、
良く理解できない。
内気なもんでインストラクターの方にお尋ねするのもナンだか恥ずかしい。。
なもんで、マシンの辺りをウロウロ。

バストアップのマシンなど、これこそ求めていたものだわ
と思うのだが、一番軽いウェイトでも死にそうになる有様である。

今日は朝からBeat Bike→バイクを漕ぎながら、ダンベル、チューブを使うクラス。
これが死にそうに辛かった。たったの30分にも関わらず、汗ダク、息が上がりっぱなし、
後半でバイクの負荷をかつて今まで上げた事のないレベルに上げさせられ、太ももがハイな状態に。。いやいや参りました。。

そして、ベリーダンス初体験。
いやいや、恥ずかしかったわ。。

疲れ果て、屋上階のテラスで一休みしていたら、
ぐっすり寝てしまった。。

その後、更にウェイトのクラス。

二の腕のエクササイズが多いのも、夏に袖なしの服を着るための配慮と思われます。

私も夏服を着た女たちを目指して、付いていきましたとも。。

イケメン・インストラクターもはじめは目が潰れるのではないか?と思うほど眩しく、
この次はサングラス持参か??と思っていたのですが、
人間3日経てば、慣れるものですわね。サングラスは必要ございませんでしたわ。

やれやれ、3クラス終わったわい。

何より楽しみなのが、シャワー室に設備してあるお風呂。
手足を伸ばして、ブクブク泡が出ているところで、ストレッチしながら、お湯に浸かる。
あああ、幸せ。お湯の温度も丁度いい。

ジムを出て、何より先にしたいこと。。。。

至福の一服であります。
ジムの中では禁煙なんだもん。

あああ、今日も健康。
タバコがウマイ。

ごめんなさい。ヘルスコンシャスじゃあ、ありません。

タバコと酒なくして、何のための人生よ?

c0074444_5211362.jpg
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-18 19:57 | Sports Gym
ズル休みの日。
といっても1週間前に休みの予定をお願いしていたもの。

水曜日に休んだのは、レディスデーで映画を見たい所為もある。

nyramblerさんから伺っていた"Hitch"を見に行ってきた。

c0074444_1842725.gif

6月上旬から公開の この映画、日本語タイトルがダサい。
”最後の恋のはじめ方”。 NYが舞台というとつい見てしまうのだが、NYの景色だけが素敵で、中身がない映画が多い中(私見でございます)、
実は大して期待していなかったのである。

ウィル・スミスも"Men in Black"とか興味のないジャンルの映画を、飛行機の中でぼんやり見たくらいで、印象のある俳優ではない。

エディ・マーフィほど、強烈なお笑い路線でもなく、
デンゼル・ワシントンほど、2枚目でもない、
何となく軽めの、やや詐欺師っぽい感アリ?(モトはラッパーらしい)

映画はある意味では予想の範囲内であり、
ある意味では予想外だった。

ネタバレ気になる方はご覧になりませぬよう。

c0074444_18203532.jpg

なんたって、ウィル・スミスが魅力的だった。
顔は正直好みではないのだが、妙にこの映画で魅力的に見える。
Tシャツを着た上半身も素敵。かなり鍛えてるなあ。。
相手の女優さんは、はっきり言って苦手なタイプだが、どうでもいい。
ウィル・スミスって、こんなにナイーブそうな、自然体のヒトだったっけ?

しみじみ考えてみた。
主役だからと言って、張り切りすぎてないところが良いのだ。
抑え気味に演じていて、好きな人の前で、クールに決めるハズが、キメの所でドジばかり踏んでしまう、素顔がカワイイ。

映画の内容自体は、結果も含めて予想内ではあるが(ツッコミを入れたくなる設定もありーの)、
予想以上のウィル・スミスと、セレブに果敢にアタックするクライアントの彼がイイ味出している。

人が人に対して本当に惹かれるのは、相手のふとした思いがけない素顔を見た時である。

カッコつけてて、ツケイル隙のない人にどうして惹かれるものか。
憧れとは違う、心を動かされるもの。

それは時にみっともなかったり、カッコ悪かったりする人間臭さだ。

用意周到や手練手管のテクニックではない。

彼の商売を裏返す事実が、人と人を結びつける。

カッコ悪さを嫌う都会のNYで愛が不毛なのも、素顔を相手に晒して傷つくのを恐れるためではないか。

この映画の舞台をNYに選んだのはそんな不毛地帯でも、
心から相手を望めば、願いは叶うから。

ラストシーンのダンスのカッコ悪さが映画を語っている。

カッコ悪くても、マジに誰かを好きになろうよと。

オススメ度
★★★
Happyな気分になれること間違いなし。

ただ翻訳がちょっと宜しくないような気が。
原語を理解しているわけではないのだが、ニュアンス的に違うのではないかと思うシーンがラストの方であり、映画の意味合いを変えていたように感じるのだが。。
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-15 19:38 | Movie

Happy birthday to my dad

c0074444_21244315.jpg今日はウチの父の誕生日の前祝。
実際は明日が誕生日なのだが、私の都合で勝手に今日、誕生日祝いをした。


c0074444_21251885.jpg
たまには外で飯を食おうと、面倒臭がる父を無理矢理呼び出し、仕事帰りに待ち合わせた。
行った店はここ


居酒屋なのだが、落ち着いた雰囲気が好き。
つきだしは5品の中から選べて、暖かい出来立てのお豆腐を。
抜かりなく、クーポン券なども持参し、ワンドリンクサービスで生ビールを頂きました。。(プリンターはこういう目的にのみ使用している。)


c0074444_21264643.jpg
メニューはこんな感じ
じゃこのパリパリサラダがお気に入り。
春巻きの皮をあげたもののような入れ物にサラダ、じゃこがたっぷり。
青じそドレッシングをチョイス。


c0074444_21272368.jpg
旬の串揚げ盛り合わせ。鮎の稚魚、ホワイトアスパラ、海老、豚ヒレに青紫蘇。
塩で頂くのでサッパリ。


c0074444_21345392.jpg
特製つくね。卵の黄身をからめて頂く。


c0074444_21283121.jpg
父のリクエスト、
梅しそのつくね
旨かったらしい。


c0074444_21285910.jpg
同じく父のリクエスト、
鰻の白焼

身が厚い。この値段でこの見栄えは立派。


c0074444_21293472.jpg
私のHP、およびブログでは、特定の人物写真を載せないようにしているのだが、フツーの一般人
ウチの父なら、当たり障りもないので、載せてみた。
初公開、ウチの父です。
(ウチの父はナル男なので、写真を撮られるのが好き。
写真嫌いの私と大違い。)



c0074444_21295238.jpg
知らないジジイの写真を見せたところで、ヨソ様にとって、ご迷惑シリーズなのだが。。

c0074444_2130093.jpg
何となくご機嫌もうるわしかった様でございます。
病気をせずに、元気で、これから先の人生を楽しんで頂戴ませ。

食べ終わると、とっとと帰ろうとするので、早く帰宅出来ました。。

[PR]
by blueinjpn | 2005-06-14 21:45 | 季節
c0074444_20411428.jpg
先週、ティッシュのチラシにつられて行ったスポーツジムに今日から入りました。
ゴリラオヤジのインストラクターは棄て(度重なる無礼な発言をお許し下さい)、
短パン、半ケツ(ああ、アタシとしたことが、下品だわ。。)のイケメン・インストラクターに心変わりしたものであります。
そういえば先週のクラスでしごかれ、次の日は全身筋肉痛で歩くのもままならない状況になったんだわ。

今日もイケメン・インストラクターの言いなりに、ウェイトを上げ下げ。。
明日はどんなことになっているのやら。。

c0074444_20412987.jpg先週のように、うっかりと松坂牛のメンチカツの店の前など通るとキケンなので、今日は駅まで横の道を通ってみた。
私は横道に逸れるのが好きである。いつも同じ道なんて退屈だもん。

ジムから途中の横道に逸れてみたら、なかなか面白いお店がある。
これはメンズの店だな。私はメンズもの好き。

c0074444_20415251.jpg
雑貨屋さん、洋服屋さんなど個性的な店があって面白い通りだ。
なかなか雰囲気の良いCafeでビールやアルコールの表看板のメニューも目にしたが、
そんなところで今日のカロリー消費を赤字にするのももったいないので横目で眺めただけ。
が、いつかきっと誘惑に負けそうな自分だったり。。。
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-11 20:59 | Sports Gym

危険な食べ放題~昨日

外食の日。

「どこにする~?」
A「うーん、あの地下の店?満席だったら社食?」
S「あ、あのお漬物美味しかったね、あそこにする?」
A「予約しないで入れるかね~?」
S「そういや、あの辺りに中華のバイキングがあったかも」

ということで、初めて入ったお店。店名にちょっと引き気味ではある。

階段を上がってドキドキ。どんな店なのかしら?

880円で中華バイキングってどんなもの

c0074444_19424656.jpg

12時5分過ぎくらいに行ってみると、既にほぼ満席。
「何名さまですか?」
「3名です」
「今テーブル片付けますから、お待ち下さいね」
「どれでも好きなものを好きなだけお取り下さい。」

そんなご親切な発言もあり、テーブルが片付くまで、お皿に盛ってみた。

中華屋さんらしい
麻婆豆腐、
ニラ玉炒め、
ホイコーロー、
そして茹で餃子。

目が欲しくて、思わずテンコ盛りにしてしまう、貧乏人。。

麻婆豆腐は辛くてなかなか美味しい。

更に、
鯖の焼いたもの(何故?)
鶏の唐揚げ。

ご飯の隣にあったカレーも、頂くことにした。
コレがまた、オウチカレーの素朴さ。好きだな。こういうの。

他にはスープ、サラダ、お漬物もありましたな。

なくなる側から、補充してくれるのも好感が持てる。

既に食べきれぬほどテンコ盛りにしているのに、空いているスペースを見て、
「あそこには何が来るのだろう?」とM。
補充されたカニクリームコロッケを素早く取りに行っていた。。

c0074444_19425740.jpg
茹で餃子。タレをかけ過ぎた。。
c0074444_1234893.jpg初物のすいか。
腹一杯だが、デザートは別腹。
c0074444_1943271.jpg
コーヒーも飲み放題。
例の店と違ってカップも大きい。

お腹いっぱーい過ぎ。。

帰りは歩くというよりも、ノシノシとシコを踏みつつ進む有様に。。

ごっつあんですっ。

オススメ度
★★★
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-09 23:35 | Lunch@赤坂見附

朝日新聞の夕刊に

情報が遅くなって申し訳ないのですが、昨日6/7(火曜日)の夕刊に
知人でNYでご活躍中のフォトグラファー舘林秀幸氏のお写真が掲載されました。
14ページの「国連本部で狂言披露」です。
c0074444_21271146.jpg


昨年の読売新聞でも
「トロカデロ・モンテカルロ・バレエ団」「平成中村座」のNY公演の写真が掲載され、
Fashion Weekでもご活躍なさっています。

引き続きの目覚しいご活躍を嬉しく思い、ご報告まで。
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-08 21:36 | NewYork