寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

出逢いの年でした

あと、何時間かで新年になります。
このブログに来てくださった方、ありがとうございました。

HPから始めて、ブログにも手を出したわけですが、
未だにネット界、PC音痴な私、
素人同然です。(10月にPCが壊れた後のフォローがまだ出来てない。。)

ネットで知り合った方たちと実際にお目にかかる機会なぞないと思っていたのですが、
2005年は出逢いの年になりました。

掲示板の書き込みで好印象を抱き、昨年よりずっとお会いしたいと思っていたみいこさん
食い意地繋がりのTakapuさん
NY大好き繋がりのnyramblerさん
nyramblerさん繋がりで、奥様のbunniekoさん
ご友人のkeikofromnyさん、
ご友人のTomokoさん
I氏の皆様にお逢いすることが出来ました。
本当にお世話になりました。来年もこのご縁が続きますように。

直接お目にかかることがなかったものの、
seikinyさん
ブル@溜池山王さん
yokotiniさん
ありがとうございました。お目にかかれなくても、深いご縁が出来たような気がしています。

久しぶりに再会した幼馴染のEちゃん。
このブログを見ていてくれるみたいなので照れくさいのですが、
新年になったら、ご友人と一緒にイズミルに行きましょうね。

書き込みがなくても見ていて下さる友人や、まだ見ぬお友達、
皆様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

来年こそきっとお目にかかれるかなと期待しているのは、はやしさん。
イメージと違う(大変失礼)素敵な声にビックリしたんだよなあ。
わたしゃ、声フェチなんじゃ。

c0074444_1863696.jpg

来年はどんな年になるでしょうか。

月並みですが、どうぞ良いお年を。
来年が(もう明日ですね)、より素晴らしい年になりますように。

結ばれたご縁がほどけませぬよう。
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-31 19:30 | 季節
旅の楽しみは、やっぱりその土地の旨いものを買って帰ることですな。
なワケで、食い意地 御土産コレクションの一部をご紹介。

c0074444_8232698.jpg加藤順漬物店
京都市左京区二条大橋
東三筋目北側  

中心部からはちょっと離れたところにある小さなお店。
にも関わらず、大きな駐車場があるので、かなりの人気なのでしょうな。
c0074444_8155471.jpg
菜の花漬が有名。
味見できなかったのが残念ですが、
どれも美味しそうで、絞り込むのに一苦労。
半分は御土産で差し上げてしまったので、全部の味見はしていません。
塩分控えめの自然な味の食べやすいお漬物。
日保ちはしないそうです。

ネットでもお買い物出来ます

c0074444_8253377.jpg東山 八百伊
(お漬物屋さん)

高台寺前の支店で買いました。

京都市東山区高台寺下河原高台寺圓徳院
京・洛市「ねね」内

 
c0074444_8162581.jpg
ここは懐石たくあんがウリ。
細かく刻んだ古漬けの沢庵に、しょうが、シソが利いていて、
さっぱりとした大人の味。
ゴハンもお酒もススミソウです。
懐石たくあんは、この次も買って帰ろうかなと思っています。

実はお漬物が苦手なのですが、
京都のあっさりしたお漬物は大好き。

壬生菜や柴漬けも大好物。
細かく刻んであることも
見た目が美しく、食べ易くてポイントが高いんです。
  c0074444_827253.jpg
ちりめん山椒で有名な
やよい

京都市東山区祇園下河原清井町481

お店の奥のCafeで、
お茶漬けを頂いたり
甘いものを頂くことも出来ます。
c0074444_817057.jpg
御土産用は、こんな美しい箱。
手提げの紙袋も可愛いので、お遣い物に良いですね。

味は塩分控えめ、あっさりとした大人の味。

花街の近くにある所為か、
お酒のお供に向いている味のような気がします。

京都には、おじゃこの専門店がたくさんあり、
他にも有名なはれまなどがあります。

自分用に買ったのは、ごはん日和という
滞在先ホテル近くにあったお惣菜屋さんのもの。
やよいさんの半分以下の値段でしたが、とても美味しかったので、
自分用には有名店でなくてもOKな気が。

c0074444_8283111.jpg京都で行きつけのイノダコーヒ

京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140

このお店が恋しくて、京都を訪れるくらいなのですから、
当然コーヒー豆を買って帰ります。

何故かNYのZabar'sとイメージがダブっているのは、何を買ってもハズレがない安心感があるからでしょうか。

c0074444_817167.jpg

コーヒー豆と
季節柄のドライフルーツの詰まったパウンドケーキを買いました。
この店でケーキを頂いたことはなかったのですが、
ずっしりと重いこのパウンドケーキ、非常に美味しかったので、オススメです。
ホールで1,350円くらいだったので、価格も良心的。
コーヒーマーブルケーキとどちらにしようか迷ったので、
この次、訪れる楽しみはコーヒーマーブルケーキです。
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-26 23:14 | 旅行
c0074444_2111933.jpg メリークリスマスでございますわね。

素敵なHolidayをお過ごしでしたでしょうか?

c0074444_2115133.jpgc0074444_21152921.jpg
サンタの帽子を被ったこんな人たち(多分音大の学生さん)が演奏していたり、
商店街のアーケードを見上げるとこんな人がいたり、

さて、私は何処にいたでしょう?

クリスマスに全くふさわしくない、こんなところにいましたの。
(どーせ、変わりモノ。。)

c0074444_21182419.jpg
じゃーん、ここはどこ?って、
そりゃあやっぱり、京都でしょう。
c0074444_21184899.jpg
さて、私はこの3人のうち、誰でしょう?
正解 誰でもないよ

上の写真1枚目から、京都駅のクリスマスツリー、
2枚目左は四条大橋近くでクリスマスソング演奏中の方たち、
(↑バックがもみの木ではなく、柳なのがシブイ)
右は京極近くのショッピングアーケードの上にいたサンタ、
五重の塔、
そして舞妓さん。

京都の底冷えに震え上がったものの、
時折、雪の舞う京都は素敵でした。

寒い時こそ、寒いところに行くのが通なのだ。
四季のはっきりした日本だからこそ、
その時期をきっちり味わわないとね。
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-25 21:41 | 旅行
c0074444_11101490.jpg

新幹線で往復の京都の旅。
到着日は京都でお昼を食べようと目論んでいたのに、
あいにく大寒波で前日は愛知方面で大雪。
徐行運転のため、予定より1時間半くらい遅れるとのアナウンス。

c0074444_1144051.jpg
本当に線路際にもこんなに積もっていたわ。
木々に雪の積もった銀世界の景色も
堪能させて頂きました。
c0074444_1122863.jpg

京都でお昼は無理、と諦めて、
東京駅のホームで買ったこの焼き鯖鮨。
プラスチックパックに入った安易な見掛けとは異なり、
とーーっても美味しくてビックリ。
青魚好きな私の好みにピッタリ。

バッテラも好きだけど、
焼き鯖鮨はまた違う美味しさ。
むしろ、こっちが好きかも。
脂の乗った焼き鯖に、間にしょうがが挟まれた鮨飯が
絶妙のコンビネーション。
これから駅弁はこれにします!と誓うほどなのだ。

電車の揺れで、オオボケ写真なのがガックリ。

c0074444_116406.jpg京都にも
さようなら~。
京都での帰り道は、JR伊勢丹でお弁当を買おうと決めていた。
ここは京都のお土産も気の利いたものが揃っているので、
買い忘れた時にオススメ。
c0074444_1124742.jpg
今回は、某お肉屋さんの牛肉弁当にしようと思っていたのだが、
お昼時をとっくに過ぎていたので売り切れていた。残念だ。。
結局前回と同じ六盛の手まり弁当にした。
手まりのおすしも美味しいが、
お惣菜の重の、生麩や野菜の煮物の味も良い。
京都では欠かせないちりめん山椒もたっぷり入ってます。
c0074444_113115.jpg

見た目も美しく、味も良い。
そそっかしい私のような人でなければ(お弁当を横にしてしまい、寄ってしまった。。)、
ひっくり返さぬよう平行に持って帰り、お土産にしてもいいかも。
(渡すのは、当日に限るけど)
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-25 21:30 | 旅行

京都シーン

c0074444_18472489.jpgc0074444_18473832.jpg
c0074444_18475414.jpgc0074444_18481567.jpg
c0074444_18483016.jpgc0074444_18484538.jpg
c0074444_1851536.jpgc0074444_1852315.jpg軒先に下げてあった「くくり猿」

くくり猿はまさに、お猿さんが手足をくくられて動けない姿をあらわしています。 お猿さんは人間に近い動物といわれていますが、所詮は動物、欲のままに行動します。動物園に行けば、お猿さんは欲のまま走り回っていますね。 この姿を人間の中にある、欲望に喩えてあり、人間の中にある「欲望」が動かないように、庚申さんによってくくりつけられているのです。八坂庚申堂サイトより

c0074444_18494240.jpgc0074444_18495950.jpg
滞在ホテル近くの宮本むなしが気になった。東京にも2店舗あるようだ。
玉子丼 280円って?今度行ってみよー。

c0074444_18501613.jpgc0074444_18491435.jpg
分かっちゃいるけど、やめられない・・ってのもあるしな。

c0074444_18485724.jpgc0074444_18504272.jpg
来年はどんな年になるのか。
ますますシビアな人生の今日この頃、
夢を持ち続けるのが困難になりつつある。

望みを捨てず、夢を抱きつつ、生きていきたいものだけれど。
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-25 21:20 | 旅行

京の台所 錦市場

c0074444_10102199.jpg京都へ訪れる大きな目的のひとつである錦市場
ここの雰囲気が大好き。

『あんたはんはお江戸の方やから、築地へ行ったらよろし』と言わないで。
築地とは違うもん。

ここは庶民の台所。
活気に誘われ、心ウキウキとトキメクのだもの。

どの土地へ行っても、市場へ行くのが楽しみなのよ。

こんな写真を見ても、面白くないとは思うのだけれど、
私が見たいので、大きくUpしちゃいました。
c0074444_10111866.jpg


c0074444_10113346.jpg

c0074444_10124310.jpg


c0074444_1012555.jpg


c0074444_10131085.jpg
右へ左へとテニス観戦のように、顔を左右に振り続ける私。
(狭い通りの左右に店がズラッと並んでいる)

冬休みで、繁忙期に駆り出されているお店の息子(推定17-18歳)に、
『お伺いしましょ』なんて、声をかけられると、
イケメン好きの私はついつい『あ、、コレ下さい』なんて財布のヒモが緩むのである。(相手の作戦にまんまと引っかかっているし。。。)

あちこちで誘惑されつつ(殆どはオジサンかオバサンだけど)
財布の紐が緩みっぱなし。

棒鱈の炊いたんの味見をしたり、本当に楽しい時間だ。

手にはどんどん荷物が増えていく。

昆布、黒豆(関西ではぶどう豆というようだ)、若狭かます、イカキムチ(←別に京都で買わんでもだ。。)、あとは何だっけ。。

美しい色の京人参や、百合根、くわいも
かなり心惹かれたが、もうこれ以上持てないので、見送った。

c0074444_10404183.jpg
c0074444_10405525.jpg
お漬物屋さんでは、歳末に向かって気合を入れて準備していた。


c0074444_10103825.jpg京都の台所は、
もうすっかり歳の
暮れなのである。

[PR]
by blueinjpn | 2005-12-25 21:00 | 旅行
鍵善良房と、このイノダコーヒは、京都を訪れる度に必ず再訪する店
ここのコーヒーを飲みたくて、
この店で寛いだ時間が持ちたくて、
京都へ向かうのかもしれない。

京都市内に支店が沢山あるのだが、本店が好き。
c0074444_5323933.jpg
四条通を北へ上り、錦市場を越えて、本店がやっと見えてくるとワクワクする。
続々と人が本店に吸い込まれていく。
皆、朝のコーヒーを楽しみに来たのだ。
c0074444_533330.jpg
私は本来はブラックで頂くのであるが、ここはミルクとお砂糖が入っているのが、レギュラーのイノダスタイル。
郷に入っては、郷に従おう。ここでは、ミルク入りのコーヒーが好きだから。
珈琲の芳醇な香りと
濃厚なミルクのマッチングにほっと安らぐ。

美味しいなあ。
京都まで来て甲斐があったわ。

良い感じに客を放っておいてくれる接客、
歴史を重ねてきた店の持つ独特の雰囲気が好きなのだ。
c0074444_5331437.jpg

滞在中の朝ごはんは、2日間連続でここに通い詰めた。

これは京都の朝食 1,050円
オレンジジュース・サラダ・ポテトサラダ・スクランブルエッグ・ハム・クロワッサン・コーヒー

サラダは歯応えを残したさやいんげん、アスパラが美味しく、
千切りのキャベツも丁寧に刻んであり、酸味の勝ったドレッシングも
大人好みで美味しい。

リーフレタスの陰に、シンプルなポテトサラダが隠れているお楽しみもある。

スクランブルエッグの半熟具合も、ホテルの朝食顔負けだし、
ハムの質も良い。(京都の人は肉好きだ)

クロワッサンは軽く温めてあり、バターが利いている。

ここはコーヒーが500円なのだから、このモーニングはオトク。

朝9時前だというのに、200席が埋まってしまう人気もわかる。
皿の上に京都人の美意識の高さを、感じるのだ。
ホテルで朝食を食べずに、ここでのモーニングがオススメ。

c0074444_5332519.jpg
2日目はロールパンセット(コーヒーまたはスープ付) 735円。
具は日替わりで、この日は海老フライ。
揚げたてあつあつの心配りが嬉しい。
ロールパンは通常のものより一回り大きめ。

イノダコーヒのメニューはこちら
c0074444_5325069.jpg

日常の生活でいつも時間に追われている。

電車に乗り遅れてはいけない。
会社に遅刻しちゃいけない。
仕事の〆に間に合わせなきゃ。
人との待ち合わせ時間に遅れちゃいけない。。。

気づくと、前のめりに、せかせかと早足で歩いている自分がいる。
貧乏臭くて、ゆとりがない。
食うための生活に追われているのだ。

そんな時に、この店で寛げる時間は得がたいものだ。

美味しいコーヒーを飲み、何を考えるともなくぼんやりしていると、
あっという間に1時間ほど経っている。

東京にものんびり出来るCafeはあるが、
時間を重ねてきたこの店に敵う店はない。
また、ここでコーヒーを飲むために、京都を訪れるだろう。

オススメ度
★★★★★
(思い入れがあるため)

ノンスモーカーの方には、喫煙席はかなりキツイ。
殆ど白く煙っている。(京都人はヘビースモーカーかも?)
スモーカーと同行の際は、2階席がまだいいかも。

ノンスモーカーの席は、ガラス張りの中庭に面した素敵なスペースだが、
喫煙席よりキャパの狭いため、空席待ちに時間がかかるようだ。
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-24 22:30 | 旅行
京都へ行った時には、必ず行く鍵善良房
ここのくずきりを食べんことには、京都へ来た気がしない。

c0074444_632421.jpgc0074444_60987.jpg
いつもは、本店で頂くのであるが、今回は高台寺店へ行ってみた。
本店よりもスペースが狭いが、なかなか趣のある様子である。
c0074444_641349.jpg
まず、菊寿糖とお茶が出される。これは本店と当然同じ。
私は干菓子が苦手であるが、この菊寿糖は良い和三盆が使われていて、
品の良い甘さで美味しい。
買って帰ろうかなといつも迷う。
c0074444_642924.jpg

写真は去年12月に撮った時の方が上手に撮れたかも。(高台寺店は、照明が暗い。)
スッゲー、ウメー!というものではないのだが、
この出来立てのくずきりの涼やかさ、清冽さ、
これをたっぷりとした黒蜜につけて頂く幸せ感は、
他のお菓子では得られないものである。

ああ、京都へ来て良かったなあと思う。

然しながら、本店の雰囲気の方が好きかな。この次は本店で頂こう。

菊寿糖とお茶、くずきりで900円。

オススメ度
★★★★+

c0074444_1584557.jpg

[PR]
by blueinjpn | 2005-12-24 22:20 | 旅行
何故か、古都 京都でラーメンを食べました。
京都御苑近くにある、麺屋○竹
c0074444_651052.jpg

中華そば(並)+味付けたまごで、830円。

のりと味付けたまごに、お店のネーム入りだっ。
東京のどこかでも見たことあるな。

注文してビックラこいた。

いきなり、ガスバーナーでボーボーと焼き豚を炙っている。
いやいや、溶接工事でも始まったのかと。
オープンキッチン、カウンター席なもんだから、ちょっとコワイ。

九条ねぎがたっぷり入っているところが、京都なのね~と感じ入る。

魚だしで名打っているので、どんなもんかちょっと不安。
懲りすぎて、日本そばのつゆみたいな店もあったしなあ。
ラーメンの基本の線は外さないで欲しい。(ラーメン通な訳じゃないけどさ)

うん、美味しい。ここのつゆは、やや甘め。

すごーく美味しかったのが、味付けたまご。
中の黄味が、イイ具合にトロ~ンとして、綺麗なオレンジ色。
そして、甘い味付けが沁みている。
黄味までしっかり味がするなんて、どうやって作るのかしら?

量は女性でちょうどな程度なので、男性は大盛りがいいかも。
あっという間に、おつゆまで完食。

美味しゅうございました。

帰り道々、あのつゆはなんとなく食べ慣れた味…と考えていたら、
おでんのつゆに似ていると思ったんですけど。(お店の方、ゴメンナサイ)

オススメ度
★★★★

お店のサイトはこちら。


c0074444_652030.jpg
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-24 22:10 | 旅行
当然 食い意地の張っている私としては、
京都のグルメ(やっぱりB級グルメだけど)を味わってきましたの。

おいおい幾つか紹介するとして、まず京都らしいと言えばここかな。
おじゃこ(ちりめん山椒)で有名なやよいCafeで、
お茶漬膳 1,155円

c0074444_2214054.jpg

炊き立てのごはんが、お櫃でどーんと来て、お代わりも自由。
手前右から、赤い器にはここのウリ、おじゃこがたっぷり入ってます。
出し巻きたまごと煮物の小鉢、
ごはん(自分でよそいます)、
佃煮盛り合わせ、(川えびと煮豆、鰯をおかかであえたもの、うずら豆、牛蒡、筍、椎茸、昆布など色々)
白味噌のお椀。

これだけありゃあ、ごはんがススム、ススム。。
カッパえびせん状態。(やめられない、止まらない、ってか)
はっきり言ってお櫃を空にしました。。

急須ごとお茶をくれるので、最後はお茶漬けで締めるのが正しい頂き方。
ごはんも、それ用に固めに炊いてあります。

c0074444_2215180.jpg
c0074444_222561.jpg

おじゃこは、山椒が利いたあっさり大人の味。
ちょっとソソル写真でしょ?ごはんが食べたくなるよね~。

が、目からウロコにイチバン美味かったのは、
白味噌のお椀。
八坂神社近くで雪模様となり、凍えた身体を温めてくれた涙モノの美味さ!

ほんのり甘い白味噌に、もっちりした蓬の生麩がちんまり、
溶き芥子(からし)が添えてある。

一口頂いて、ウマーーー!
白味噌の甘さと芥子の辛さの複雑さに、生麩が加わり、
官能的なまでのヤバイ旨さ。
こりゃ、酸いも甘いも知った大人の味かも。

正直、おじゃこより、佃煮より、この椀が旨かった。(ゴメン)

然しながら、このお茶漬膳、
手軽に京都の味を頂けて、お得だと思います。

下手な懐石に何千円も払うなら(美味しい場合のみに限らないしな。。)、
手堅い旨さだし。

c0074444_222234.jpg

場所は八坂神社の裏手。
高台寺も近くです。
場所はこちら。

売り場より奥に入ったCafeの雰囲気も、なかなか良いです。

オススメ度
★★★+
[PR]
by blueinjpn | 2005-12-24 22:00 | 旅行