寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー

<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

中央線沿いは、古本屋さんが多いので、100円コーナーとかをひっくり返すのが好きだ。
そんな時、過去の思い入れに、再び巡り合ってしまうことがある。

引っ越す度に、ほとんど処分してしまったけれど、大好きだった漫画がある。

大島弓子さん、くらもちふさこさん、そして岩館真理子さん
他にも好きな漫画家はいるけれど、この3人は特別だった。
漫画というより、抒情詩のような文学の香りがした。
夢がありながらも、大人への扉が微かに開かれていた。
今でもタイトルだけで、ドキドキしちゃったりするくらい。タイトルのセンスも好き。
c0074444_654931.jpg
高円寺の古本屋で、岩館真理子さんの漫画を見つけて飛びついた。
彼女の漫画好きだったなあ。
覚えているものだけでも、『えんじぇる』『1月にはChristmas』『赤い淡い夜が好き』『ガラスの花束にして』 再読したら、思い出すものもいっぱいありそう。単行本はかなり持っていたもの。。

『まるでシャボン』
は、過去に読んだのかどうかは定かでなかったけれど、
久し振りに彼女の作品を読んで、ドキドキ感が戻ってきた。
内容はシャボンどころじゃなく、結構ヘビーな人間(恋愛)関係だったりするんだけど、
独特のタッチでさらっと読ませてしまう。

主人公のせっちゃんの心情がひたむきで、可愛くて、滅法切ない。
ひたすら直進なんだな。スピードついているだけに、転ぶと痛いよ。。。
羽賀さん、素敵。男っぽいし、時々間抜けなとこがイイ。
草子さん、いわゆる女性っぽいヒト。フワフワ見えて、きっちりアンテナ立ててるみたいな。

『森子物語』の続きも読みたいし、暫く、岩館真理子さんファンに復活の気配。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-30 23:59 | お気に入り

Fly me to the moon

仲良しの同僚から、I Tuneのfree cardを貰いました。
c0074444_2255326.jpg
流行の曲も良いけれど、秋の夜は長いから、しっとりした曲が聞きたくなりました。

タイトルが素敵な曲、Fly me to the moon。
色々なアーティストが歌っているけれど、Nancy Wilsonが歌っているものにしてみましたわ。

歌詞が知りたくなって調べてみました。ずいぶん素敵な歌詞なのね。。
私の怪しい意訳なんですが、こんな意味かな?って。

c0074444_22492483.jpgFly me to the moon
And let me play among the stars
Let me see what spring is like
On Jupiter and Mars
In other words hold my hand
In other words darling kiss me

Fill my life with song
And let me sing forevermore
You are all I hope for
All I worship and adore
In other words please be true
In other words I love you


私をあの月まで連れて行って欲しいの。
星たちの間で、はしゃぎたいのよ。
木星と火星では、春がどんなものなのか知りたいの。
(そんなことより簡単な事なのに)
手をつないで欲しいのを、察してくれないなんて。
キスしてねって意味なのよ。

私の人生を歌で溢れさせて。
これからもずっと、歌いだしたくなるような気持ちでいさせて。
焦がれ続け、求めてきたすべては、あなたそのもの。
夢を現実に叶えさせて。
心から想っているって言いたいのよ。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-29 23:59 | Song

社食2週間分

まとめたんで、順不同かも。
しかも、社食に興味のある人がいるのかも不明ですが。。
c0074444_21175234.jpgc0074444_2118532.jpg
左 ワンタンメン サラダ・ビュッフェ(メインはスパゲティのサラダ、レタス、海草、トマト、枝豆) 210円 ○
右 穴子の天丼(揚げ物はイマイチかも。厚みのある穴子2枚は努力を認めたい。他に茄子とピーマンの天ぷら。) サラダ・ビュッフェ(メインはかぼちゃのサラダ、レタス、トマト、三色の豆、きのこ) 胡瓜のお漬物 若布と油揚げのお味噌汁 420円 ○

c0074444_21182537.jpgc0074444_21183888.jpg
左 ビーフ・カレー(この日は肉が多目) サラダ・ビュッフェ(メインは春雨のサラダ、レタス、グリーン・アスパラ、海草) 若布と油揚げのお味噌汁 315円 ○
右 味玉ラーメン(胡椒をかけ過ぎた) サラダじゃなくて、いなり寿司に。 210円 ◎

c0074444_21185941.jpg
右 けんちんうどん サラダ・ビュッフェ(メインははんぺんのサラダ←意外なヒット、レタス、トマト、ブロッコリー) 210円 ◎
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-29 23:54 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋
南インド料理 ダバ インディア でランチ。
青のイメージの外観、内装のインテリアが素敵。
インド料理というより、地中海料理の雰囲気だわ。表から見るより、客席は広い。

c0074444_7574167.jpg同僚も私も三色カレーでナンをチョイス。1,000円

広い店内は、満員。

c0074444_7571927.jpg
カレーは左から、マトンのカレー(中辛)、海老カレー(大辛)、野菜カレー(普通)
( )は辛さのレベル。大辛でもそんなに辛くはないけど。

うーーーん、カレー好きなだけに、私のカレーのハードルはかなり高いんで。。

期待した海老カレーが、イマイチ。
野菜カレーもかなりあっさりで、野菜の旨味が感じない。水っぽいかな?
マトンカレーが一番食べやすくて、美味しかった。
ここは南インド料理なので、私の好みの北インド料理と、方向が違うのかも。

ナンはフツーに美味しい。西荻のカレー屋さんのナンの方が旨いけど。

隣席のおじさんの『あれ、ここのカレー、旨そうな匂いがしないな』とつぶやいていたのが印象的。
社食がシーフードカレーだったんで、そっちが良かったかもしれないと思いーの。。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-29 23:03 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋
昨日は沖縄料理でいごでランチ。スープと小鉢付き。
c0074444_20313715.jpg
私はタコライス 850円。
同僚は、ゴーヤチャンプルーのセット。

本当はSPAMライス 目玉焼きのせが食べたかったんだけど。。
ランチでは、やってなくてがっかり。。。SPAM大好きなんだもん。

で、タコライス、見た目は控えめですが、味は美味しかったですよ。

ただ社食で、サラダ大盛りで、がっつり食べてるんで、同僚と二人で、『物足りないね。。』と。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-28 21:22 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋
検索していて、私の求めていた結果(パスタで検索)とは違うのだが、
興味深いサイトを見つけてしまった。

その名もトーキョーワッショイの上北沢編、おたつさん担当コラム
下北沢はメジャーだけど、上北沢なんてあったっけ?くらいな認知度よね。
そんなマイナーな土地を、おたつさんの視線で書いているのよ。
何だか行ってみたくなったわ。(既に、彼いや彼女?の影響を受けてます)

気まぐれパスタ屋にオカマが一人
これ、サイコーに好きかも。夜中に一人でウケてました。

女性って何故か、オカマさんにトキメキがち。女性にはない繊細さに惹かれるのね、きっと。
友人はおろか、知人にさえもいないけどさ。

しかも、このおたつさんって、イケメンだったりするのよ。
このコラムの下の方の写真を見て!
あらー、正統派のエエ男じゃん。。(勿体ない?)オカマさんには見えませんけど。

コラムの中では、一人称が『僕』だったりする時もあって、実際はどーなの?疑惑もあったり。
スタートの時期は、オカマの本性が出てなかったし。
いつから、本性を出しているのか、まだ全部読んでいないのですが、読破が楽しみだわ。

上北沢のひなまつりの中の塗り絵批評の感性も好き好き。

ちなみに最近作から1ヶ月以上経っていますが、元気なのかな?おたつさーん。

c0074444_201157100.gif
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-27 20:25 | お気に入り
高円寺飯屋さんで拝見して、ジムへ行く前の腹拵えにサバーイタイランドへ行ってきました。
c0074444_6142122.jpg
大好きなパッタイ(タイ風焼きそば)、麺がモチモチでとーっても美味しいです。
モチモチは私が弱いキーワード。NYで食べたタイ料理屋さんに味が似ています。
しかも、土日もランチタイムがあり、衝撃の500円
飲食業も大変だろうに、ありがたいことです。もうちょっと値上げしても良いですよ。。
シェフはタイの女性の方。東京でタイ料理は女性シェフが多い気がしますね。
調味料も、ナンプラー、お砂糖、お酢、タイ風ホットソースなども5種類本格的に出してくれて、嬉しいです。
この次は、ガパオ(豚挽き肉とバジル大葉入り辛口炒めかけご飯)なんかも試したいな。
ドリンクも150円で大変お安いのですが、広くはない店内に、安い客単価なので、長居することも憚られ、食べたらとっとと退散いたしました。

本格的かつ良心的で、味も大変よろしく、オススメです。量もたっぷりしていますし。
近隣の方は、足を運んで下さいませ。

c0074444_6143798.jpgちょっとコーヒーを飲みたいな。。と、ランチがオトクなAT Cafeへ行ったら、飲み物は500円。。
結構高いんだわ。
貧乏性でケーキとのセットの方が良いような気もしたり。。

で、ベリーのショートケーキ、カスタードソースと生クリーム添え(名称失念)のセット 800円を注文。(昼飯より高いんかい。。。)

パッタイでお腹一杯なのに、このケーキ、20センチ四方の皿の大きさで出て来て、
タバコ2個分くらいの大きさ。。。。。ウソでしょ??でも、勿体ないから食べるけど。
ケーキは、うーーん、フツーかも。

この後、ジムで、ヨガだのNike Rockstar Workoutだの3本のクラスを取ったものの、
収支が合わないのは当然だってば。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-24 23:59 | 高円寺グルメ
お気に入りHinata-boccoのパスタが食べたくて、てくてくと行って参りました。
c0074444_14545725.jpg
とろけるチーズのスパゲッティ【ピリ辛トマトソース】 900円
サラダ又はドリンク(コーヒー・紅茶・エスプレッソ)付きをチョイス。
いつもは鶏ときのこのクリームソースか鴨のミートソースなんですが、チーズ系に弱いんで。
焦がれていたここのモチモチパスタ、やっぱし美味~。
チーズのとろけ具合と、トマトソースの絡みが官能的。

カウンター席にちんまり座っていると、何気に視線を感じる?気のせいよね。。。

がっ!イケメンシェフブログに書いて下さいましたよね?お引越しのときの。。』と話しかけられて、びっくしだっ。

こんなへなちょこブログは誰も見ていないと思っていたので、動揺するあまり、
『すみません、すみません』と、ひたすら平身低頭で謝ってしまいましたわ。
考えてみたら、謝るようなことは何一つ書いてないんだけど。(小心者)
しかもあの時は1月だから、もう8ヶ月も経つのに、良く顔を覚えていてくれたもの。
私が美人だからかしら。 さすが、客商売なのね。
悪いことは出来ない(いや、してないけど)と思いましたわ。
5月にも行ってたことは覚えてないみたいでしたが。。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-23 17:09 | 中野グルメ

秋の気配

c0074444_14271488.jpgc0074444_14394766.jpg
c0074444_1432644.jpgc0074444_14402744.jpg
私を置いて行っては嫌!と夏に向かって叫んでみたところで、しょうもない。
何処を見回しても、すっかり秋になってしまいましたわ。
秋モードで行くかい、と開き直るしかありませんな。
c0074444_14361967.jpg
そんじゃ、お茶でも入れましょうかね。
甘さ抑え目の青進堂の和菓子を買ってきました。
ケーキに比べて和菓子のなんとお安いことよ、これで590円だし。

全日本粒餡党の私は、あんこもの大好き。
一番好きなのは、おはぎかなあ。
特に、胡麻とか黄粉の中に、アンコが入っているのが好きなのよ。

中央右から、黄粉のおはぎ(中は粒餡)、胡麻のおはぎ、(中は漉し餡)、黄金切芋、
栗蒸羊羹、塩豆大福。


栗がポクポク、むっちりした栗蒸羊羹も非常に美味しかったです。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-22 23:59 | 西荻グルメ
思えば遠くへ来たもんだ、と思う。

人生はままならず、現実に追われ、その日その日を生き抜いているなんて。

c0074444_714448.jpgとおーい昔の、高校生だった頃、私は肩まである髪を二つに結わえていた。
うさぎのMiffyちゃんが大好きで、針でつつけば弾き飛びそうに丸々と肥えていたところが良く似ていた。
うさぎ好きを自他共に認めていたあの頃。

そんなことを思い出してしまったんだな。

ニヒル牛で、ビーズのアクセサリーを物色していた時、ふと目に留まったこの可愛いうさちゃんのモビールを見て。

私は少女趣味ではないし、シンプルな方が好みなんだけど、つい聞いてしまったのよ、『これ、お幾らなんですか?』と。
その時店内に作者の方がいたなんて、ちーとも気付いてなかったんだわ。お伺いするとべラボーにお安い値段。ていうか、手間賃とかアイデア料とかあるんではないでしょうか?と言ってみましたが、商売っ気が無いご様子。。
で、『買いますっ』。

素敵なお店番の男性に、『こういうものが似合う部屋なら良いんですけどねえ』と悪気なく突っ込まれて、おおっ、透視力があるのか?と怯んだものの、ここで引っ込んでは女が廃(すた)る。

似合わなくたって、良いんだもん。うさぎと私が折り合っていけば、どうにかなるさ。多分ね。

c0074444_74581.jpgc0074444_742131.jpg
もうひとつのモビール(同じ作者)は、白やぎさんと黒やぎさん。
あ、こっちは、PCの上に飾ろうと即決。

コレを飾れば、黒やぎさんが悪いメールを食べてくれて、
白やぎさんが良いメールを運んでくれるような気がしたんですな。

で、飾った途端、待ち人のメールが来たりしたんですが、
よくよくこの歌を口づさんで見ると、エンドレスに不毛な歌だったりするんだな、コレが(汗)。

まあ、いい。人生思い込みと気合が大切なんだ。夢を運んでくれるチャームだと信じよう。

このモビールが似合う可愛い女の子に買われなかったのも、
全く持って、気の毒ではあるのだが、その不憫な分だけ私が愛してあげるわよ。(いい迷惑か)

まだミスマッチ気味ではありますが、
ウチの子になった2つのモビールが、ゆらゆらと揺れております。
[PR]
by blueinjpn | 2006-09-21 21:12 | 西荻なお店