寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お値段が安くて、気になっていたカレー屋さん、本日開店。立ち食いなんですけど。
ラーメンの ど・みその向かい側にあります。店内は外から見るよりも広いです。
c0074444_5504227.jpg
メンチカツカレー 300円。メンチはずいぶんと可愛いサイズで、パン粉率99%です。ていうか、肉の味も食感もありませんが。。
カレーは、ウスターソースの味!好きです、こういう味。なんかビンボーっぽくて、懐かしくて、庶民の味っていうか。
オジサン好みの味かもしれません。オヤジ寄りなんですわ、私の嗜好って。
具が入っていなくて、ルーを楽しめるので、私のようなカレーに具は要らない、ルーが好きって方にも良いのでは。

c0074444_5505749.jpg店内の雰囲気も好きですね。
カウンターには、福神漬けが用意してあり、
接客もテキパキと宜しいです。
なんたって300円ですから、多くは望めませんが、
たまに足を運びたくなるかと思います。 

夜は、スタンディング・バーになるようです。
カレーを頂きながら眺めたつまみの種類も、なかなか魅力的でした。


c0074444_513931.jpgいよいよ、年末ジャンボ宝くじが発売です。
今年こそ当てるぞ!ってことで、チャンスセンターまで買いに行きました。
とりあえず、30枚購入。
今までに当った最高額は1万円。

今回こそ、本当にお願いしますよ~。。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-29 23:59 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋

スウドン

子供の頃のウチの家庭は、貧乏ではないですが、余裕があるワケでもなく、中流の下か、下流の上といったところでした(お父さん、すいません。)。
なのに、外食が好きな家庭でした。
といっても懐が暖かいわけではないので、年に何度かデパートの食堂で、ハンバーグステーキにバナナパフェが最高のご馳走でした。
思い出すと、あんなに胸のときめいたご馳走はなかったような気がします。

多かったのが、お蕎麦屋さんに行くことでした。
親の頼むメニューは決まっており、いつも『スウドン』でした。
お品書きを眺めることもなく、席に着くなり、『スウドン、3つ』。
子供心に蕎麦屋はスウドンを食べるところだと、インプットされました。
スウドンとは、今思えば、素うどんの意なのでしょうね。シンプルなかけうどんです。
こんなものだったら、うどんの玉を買ってきて、自宅で作れば良い話なのですが、共働きだった親には、外食が生活の楽しみだったのだと思います。
ヨソのテーブルでは、上になにやらのったものを召し上がっていたりするのですが、
ちらりとそちらの方を眺めたりすると、『あれは、ヨソサマの』と牽制されました(笑)。

或る日、親戚の家にお泊りすることになり、夕飯は蕎麦屋の出前になりました。
親戚のオバサンは、見たこともないお品書きを取り出し、『好きなものをお食べ』と大胆なことを言います。
子供にメニューの選択権など与えられたこともない家庭で育った私は、非常に動揺し(汗)、
お品書きの中から、『スウドン』の文字を探しましたが、どこにもありませんでした。(同じものは、かけうどんということが分からなかったのです)
うろたえていると、オバサンは鍋焼きうどんを選んでくれ、今まで見たこともないゴージャスなご馳走が目の前に届きました。
土鍋の蓋を開けてもらうと、湯気のあがった中に、
海老の天ぷら伊達巻ほうれん草のおひたし甘く煮た椎茸紅白のかまぼこなどがのった目にもあでやかなうどんです。
まるで、お正月のようだわ。。と思いつつ、美味しく頂きましたが、
親のいないところでこんなものを食べている自分が子供心に後ろめたく(小心者)、背徳の味がしました。

大人になってから、お蕎麦屋さんでスウドンを食べることもないのですが、
上に刻み葱とかまぼこだけがのった、あのスウドンは、鰹の出汁が良く効いていて、
おつゆはほんのりと甘く、身体も心もぽかぽかと温まったものです。

蕎麦屋の前を通ると、あの頃のことを思い出します。
鍋焼きうどんよりも、美味しかったあのスウドン。

人から笑われてしまいそうなご馳走ではありますが、皆さんにも思い出の味ってありませんか?
色々なご馳走を頂くようになった現在、あの時のスウドンを超えるほど美味しいものはないと思うのは、私が貧乏性な所為でしょうか。。
c0074444_4421635.jpg
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-28 23:59 | 中央線的生活
国際フォーラム脇にあるあろいなたべたで、ランチ。
タイ・フードは大好きです。ここは、お値段が安いです。なんと630円。
素材はお値段なりですが、味付けは好きですね。夜に来たことはありますが(前回記事1、 2参照)、ランチ利用は初めて。
c0074444_6133062.jpg
Cセットにしました。ランチ時は、前払いなんですね。
小松菜の唐辛子炒め豚肉のアミ塩辛炒めグリーン・カレー春雨のサラダのセットです。
こんなにおかずがついているので、得した気分ですね。昼も夜も同じお値段というのも、すごいです。
グリーンカレーは、ココナツミルクが効いていて、まろやかでとっても美味しい。茄子がたっぷり入っています。
店内はいかにもアジア~な感じが漂っていて、東京にいながらタイにトリップ出来ます。
c0074444_614731.jpgc0074444_6135016.jpg

c0074444_6145754.jpgc0074444_615116.jpg
イチョウの木がすっかり黄葉しています。もうすぐ、12月ですね。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-27 23:59 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋
木枯らしの冷たい季節になりました。
そんな時には、やっぱしお鍋ですよね!ふわ~んとあがる湯気を見ると、身も心もあったまります。
鮟鱇(あんこう)鍋のメンバーに入れてもらいました(喜)。
今週は、このために働きましたよ。。(人参がぶら下がってないと、走れないんです。。)
お鍋を目指して、いざいざ池袋へ~!c0074444_11192922.gif

c0074444_1039781.jpgc0074444_10392798.jpg
小料理屋さんの風情なゑび車
初めて行くには、分かりにくい場所です。案の定、迷いました。。
この日は、お休みの予定だったらしいのですが、鍋メンバー10人の予約なので、特別に開けて下さったそうです。(感謝)
灯の付いているのを見て、ぽつぽつと常連さんがお見えになり、店内は満席になりました。不便な場所なのに、人気があるようです。
店内は、10人でパツパツのお座敷、4人掛けテーブル席が2つ、あとはカウンター席でこじんまりとしています。家庭的な雰囲気ですね。
この夜のメンバーの中の一人が、2月に開拓したとのこと。
c0074444_10395550.jpg
あんこう鍋を、メインで頂くのは初めてです。
なもんで、ワクワク。

北風が冷たくて、本当にお鍋日和でした。

c0074444_10401749.jpgc0074444_10403627.jpg
左上写真 まずは、お通し、青菜のお浸しにいくらをのせたもの
左の小鉢は、あんこう鍋のつけだれ。あんきもを味噌で溶いたもののようです。
右上写真 お刺身
まずは、ビールで。
c0074444_11473913.jpgc0074444_11475733.jpg
左上写真 あんきも。ポン酢掛け。この日は、あんきもが入手出来なかったらしく、一人一片でした。(つまり、写真で4人前)
右上写真 魚の唐揚。名前を聞いたのに忘れた。。関西の方では良く採れるお魚だったと。(メンバーに、魚博士がいました)
東京では、あまり耳にしない名前でした。向こう向きなのを、そのまま撮ったので見づらくてすみません。。
ビールから、日本酒へ。秋田の春霞を頂きました。ワインのようで、飲みやすかったです。最近日本酒も少しづつ飲めるようになりました。
c0074444_10405341.jpg
いよいよ、鮟鱇(あんこう)鍋の登場ですっ!皆から歓声が上がります。
身の部分だけでなく、皮やえらの部分も、食べるんですね。ゼラチン質で、コラーゲンたっぷりだそうです。

冷の日本酒から、芋焼酎へ。東北から、今度は九州です(笑)。
c0074444_10411018.jpg
お出汁は、鰹(かつお)の良い香りが、ふわんと漂います。魚の小骨などからも出汁を取っているそうです。
お鍋がふつふつと煮立つ音って、良いですよね。大好きです。
c0074444_1041265.jpgc0074444_10414254.jpg
お店のお母さんが、お鍋の面倒を見てくれます。
あんきもの味噌だれは、お鍋の鰹のお出汁で溶いて頂きます。
鮟鱇の身は、みしっと歯応えがあります。皮の部分は、プルプルとしていて、でもしっかりしています。ふーん、初めての食感ですね。
ちょっと塩気が強めですが、つけだれが美味しいです。
ハフハフ言いながら、食べるのがお鍋の醍醐味ですね。大人数でワイワイつつくのが、また楽しい。

鍋を取り仕切るのが、鍋奉行なら、灰汁(アク)取りに徹するのは、悪代官(あくだいかん)と言うそうですよ(笑)。
鮟鱇鍋は、灰汁がほとんど出ないお鍋だそうですけど。
c0074444_10415696.jpg
イチバン好きだったのが、このお雑炊
良い出汁が出たお鍋に、ご飯を入れて、火がイイ感じで通ったら、溶き卵を回しいれて。
c0074444_10524825.jpgc0074444_10431651.jpg

左上写真 〆のお雑炊、もー、最高に美味しかったです。

右上写真 デザートにみかん。家庭的で良いですね。小粒ながら、味が濃く甘かったです。
面倒を見て下さったお母さんは、最後にお見送りまでしてくれました。ごちそうさまでございました。
呑んで、鮟鱇鍋を頂いて、一人約5,000円は、お安いかと思います。

これから先は、すっぽん鍋(!)も始まるそうで、季節により色々なメニューが登場するようです。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-23 23:59 | 美味しいもの
c0074444_11402297.jpgc0074444_11403897.jpg











東京駅地下街を歩いていたら、ある看板に目が釘付け!
なんと、富士宮やきそばと静岡おでんの文字が!

何を隠そう(隠してないけど)、ワタクシ、富士宮やきそばを食べてから、
すっかりとりこになっております。

狭い店内の前には4-5人待ちだったので、並んでみました。
『富士宮やきそば学会公認』と詠っておりますが、
こういうのウリ文句にしている店って、怪しいんだよね。。(←疑り深い)
c0074444_1140587.jpgc0074444_11411268.jpg
富士宮やきそばと静岡おでんのセット 900円也。
並んでいる間、召し上がっている方のやきそばが見えておりまして、私が頂いた時とは、まったく違うシロモノのようではございました。
正直期待はしておりませんでした。。
でも、どんなものであれ(大変失礼)、富士宮やきそばを素通りすることなんて出来ないほど(涙)、焦がれておりましたの。

予想を裏切らず(失礼)、富士宮やきそばは、焦げて干からびた麺、イマイチな味付け、
静岡おでんはなにやら固く(火が通るまで、需要と供給がマッチしてないんですな)、ダメダメモード全開です。(ごめんなさい)

c0074444_11412690.jpg焼きそばには、海老や帆立など具がゴージャスなんですが、
はっきり言って余計です。
こんなもので小細工せずとも、味は出るのになあ。
シンプルでは勝負出来ないって事かな?

コレを食べた人は、『なーんだ、富士宮やきそばって、大したことないじゃん』と思われるでしょう(涙)。本当は、もっと美味しいんですよ~!

学会の名前を掲げるなら、恥じないよう味になるよう、
努めて頂きたいものです。
東京在住の多くの富士宮やきそばファンが、泣いていますよ。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-21 23:59 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋
とーーい昔、日本橋を縄張りにしていた時、好きなラーメン屋さんがありました。
以前は高島屋さんの裏にあり、行列の絶えないお店でした。まだあるようなので、ランチに足を伸ばしてみました。

元祖札幌やさん。場所は日本橋コレドの通りを挟んで向かい側のビルの地下に移っていました。
c0074444_2023782.jpg
ここでは、いつも味噌ラーメン。以前は、白味噌がとろりと濃厚で、旨かったのですが。
おろしにんにくをどっちゃりこ入れると旨いので、おもむろに投入!(ランチ後、オフィスに戻ってから速攻歯磨きしました)
濃い味ではありましたが、こんなにしょっぱかったかな?昔のような賑わいもなくなったかな。。

年月を経て、ビミョーに味が変わってしまったか、変わったのは私の方か。
それでも、お店が残っていてくれたのが嬉しい私であります。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-19 23:59 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋

秋から冬へ

秋から冬へと季節が移って行きます。
風がどんどん冷たくなって、身に付けるものが増えていきます。吐く息が白くなるのも、もうすぐかな。寒がりなんで、ちょっとブルー。。。
寒い季節なら、お鍋ですね。次の週末は、あんこう鍋に誘って頂いたので、楽しみです!
色のない季節に変わって行きますが、道すがらまだ秋の色が見つけられます。
c0074444_44712.jpgc0074444_4471969.jpg
c0074444_4473210.jpgc0074444_19563091.jpg
何故かゴージャスなものより、フツーの野草っぽいものや、シンプルなものに惹かれます。
c0074444_1956427.jpg
部屋から見た雲が綺麗でした。
c0074444_4474534.jpg
ご近所のギャラリー 無相創さん、外に出してある商品のディスプレイが、素敵です。
多分買わないのですが(ごめんなさい)、いつも見惚れています。カメラアングルのセンスがないので、イマイチな写真なのが無念。。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-18 23:59 | 西荻お散歩
本日は、有給休暇。働かなくてイイって本当に嬉しい。
お金の心配がなければ、毎日ダラダラと過ごしたい。だって、怠け者ものなんですもの(キッパリ)。

午前中に雑用を済ませ、駅方面に出たついでに、久し振りに地元でランチしてみましょうかね。
西荻は、美味しいものが色々あるけれど、パスタというかイタリアンはイマイチだわ。。と思っておりました。
何軒かお店はあるけど、イマイチ食指が動かない。。
私は、イタリアンはこてこてガーリック臭のお店が好きですねえ。ええ、どうせ下品なんですの。

クリーニング屋さん→丸藤食堂の閉店を確認(涙)→んじゃ、パスタでも食うかねとなって、ここに入ってみました。

イタリアンのお店、Bentornato
c0074444_19175029.jpg
階段を上って、2階にあります。店内は狭いですが、寛げる雰囲気がなかなか良いですね。
おお、大好きなリモンチェッロがあるぞ!(←目ざとい)
c0074444_1917483.jpgc0074444_19172763.jpg
パスタセット 900円で、蟹肉と青葱のカニ味噌クリームスパゲティ(+200円)をオーダー。
サラダは、ドレッシングが美味しいです。野菜も冷たく、しゃきっとしており、メインに期待が持てるかも?
嬉しいのは、ドリンクに、ビバレッジの他、ミニビール、グラスワイン(赤、白)のチョイスが可能なこと。
今日は、オフっすから、ワインに致しますわよ。皆が働いている平日の昼間に、だらだらしながら、ワインを呑む幸せ。。
しかも、サービスのワインなのに、なかなか美味しゅうございます。
c0074444_19163661.jpg
蟹肉青葱カニ味噌クリームスパゲティがやってまいりました。
ほかほかと湯気が立っているのが、嬉しいですね。湯気もご馳走ですもの。
おおー、カニ味噌クリームが、んまいっ!かなーり、濃厚です。

惜しいことに、パスタが弱い。。
微かに芯が残るように茹でてはあるのですが、麺自体がイマイチ。パスタの乾麺のブランドに詳しい訳ではないですが。。
私の好みなら、リングイネで。この予算じゃ、生麺は厳しいのかな?
クリームなんで、もっと太い麺でないと、負けてしまう気が。細麺だと、クリームを吸って延びてしまいます。あくまでも、私の好み。。

c0074444_1918142.jpg
西荻南口から2-3分なので、
落ち着いて食事をしたい時には良いかと思われます。
デザート付きや、ハーフで2種類に出来るセットもあって、
選択の範囲が広いのが嬉しいところです。

[PR]
by blueinjpn | 2007-11-16 22:19 | 西荻グルメ
丸藤食堂さんは、西荻の名店であり、オアシスでありました。
信じられないような価格で、信じられないほど美味しいものを食べさせてくれる良心的なお店でした。

babystarさんから伺って、『こんなに早く、その時が来てしまったのか』と残念でした。
お年を召したお父さんとお母さん、二人きりで切り盛りしていて、後継者もいないようでしたから、いつかはこんな日が来るとは思っていましたが、
あと2-3年頑張って欲しかったです(涙)。
営業時間が短ろうと、暖簾を仕舞うのが夜の7時過ぎだろうと、そんなこたあ良いんです。
お父さんとお母さんの都合に合わせます。毎日でなくて良い、週に半分でも開けてくれたなら。
西荻で、あの野菜天ぷら、とん天、焼き魚を食べることが出来るのなら(しくしく)。
c0074444_1795579.jpg
本日、休暇を取っておりましたので、雑用のついでに足を伸ばし、確かめて参りました。

丸藤食堂、閉店です。
c0074444_17102065.jpg
丸藤さん、ありがとう。お父さん、お母さんはお元気なのか、それが心配です。
どなたか詳細をご存知な方は、お知らせ下さいね。
登亭、丸藤食堂、と個性的で素敵な個人店が消えて、西荻も淋しくなります。。。

丸藤食堂に対する私の賞賛記事はこちら

西荻の名店!@丸藤食堂

花見酒気分で@丸藤食堂

食い意地仲間T氏の賞賛記事はこちら

西荻窪・GWだからこそ、西荻窪を食べつくせ!~前編~
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-16 17:40 | 西荻グルメ
坦々麺が大好き。急に食べたくなって、前だけは良く通っていた陳麻家 京橋店へ。このチェーン店、最近増殖中。西荻の南口にもあります。
チェーン店なので、多大な期待はせずに、坦々麺セットを注文。
c0074444_1635156.jpg
ここの坦々麺、好きです。予想をイイ意味で裏切ってくれて(笑)、私の好みでした
スープに胡麻の香りがぷんぷんとして、ウマイです。麺もスープと合っています。
上に乗った肉のそぼろは甘い味付けで美味しいのですが、ご飯の上に乗せるには良いけれど、坦々麺には甘過ぎるかもしれません。
ウマイウマイとスープまできれいに飲み干したら、午後喉が乾いて乾いて、ずっとお茶を飲み続けでした(汗)。。
c0074444_16352895.jpgc0074444_16355634.jpg
坦々麺セットには、坦々麺に陳麻飯が付いてきます。麻婆豆腐ごはんのミニサイズです。これも予想以上に美味しい。
山椒がかなり効いていますよ。惜しいことに、ご飯が柔らかい。。もう少し、固めに炊いて下さいね。

また、リピートしたいと思うのですが、厨房が混乱していて、指示ミスの連発、サービスする女性がお気の毒でした(涙)。c0074444_1637980.jpg c0074444_16381671.jpg
c0074444_16394100.jpgこの日は、小春日和。
英語で言うなら、Indian Summerの気候でした。
ぽかぽかとした陽だまりは、
これから寒くなる一方の時期には嬉しいもの。

都心も、黄葉してきたかな?
そういえば、とっくにクリスマスデコレーションが始まっています。
[PR]
by blueinjpn | 2007-11-15 23:59 | Lunch@京橋銀座丸の内日本橋