寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー

<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

父と外食@馳走屋 三鷹

c0074444_11553154.jpg久しぶりに、ウチの父と待ちあわせて外食。
比較的、父の家に近い場所で探して、馳走屋さんへ。

三鷹は本当に田舎なのだけれど、最近ポツポツとお店が出来ている様子。
ちょっと分かりにくい場所なのですが、お店は満席。
入口は目立つので、分かりやすいです。
2階にも客席があるよう。

父もすっかり歳をとったなあ。(タメイキ)

飲みもの以外は、私が適当に、オーダー。

ちゃっかりと、ドリンクサービスのクーポンを差し出し、
私は、生ビール068.gif
父は焼酎のお湯割り。

お通しに、アーリオソース風とグリッシーニが出ました。

c0074444_11555773.jpgc0074444_11561367.jpg
豆腐の和風マリネ
まずは、早く出て来そうなものを。厚揚げをマリネしたもの。なるほど、これならウチでも出来そうね。

真鯛のカルパッチョ
酸味のあるソースで。三鷹産のキウイで作ったソースとメニューに書いてあったような気がするけど、緑色ではないですね。
さっぱりと。

c0074444_11562738.jpgc0074444_11565087.jpg
牛肉と大根の味噌煮込み
冬のメニューで。牛肉は、良く煮込んでありほろほろ。食べ易いので、父もペロリと食べていました。

合鴨とキャベツ
キャベツはどこかな?と思ったら、合鴨の下に隠れていました。
小さなダイス状に刻まれており、どうやるのかしら?と。合鴨も柔らかです。

どれも、強い個性や、さすが!というインパクトはないのですが、
食べ易くて、しつこくないので、もたれなくてイイですね。お酒の邪魔をしないお料理です。
初めて訪れたお店ですが、年配者を連れて行っても正解なお店で、ホッとしました。

ポーションも多くもなく、少なくもなく、一皿を二人で分けてちょうどです。

ワインを開けている方が多く、確かにワインに合うお料理だなと思いました。

居酒屋よりもうちょっと気が利いていて、堅苦しくなくて、普段遣いに良さそう。三鷹らしい気がします。

c0074444_1157680.jpgデザート盛り合わせ
チョコレートケーキ、ラズベリーのムースと、柚子のシャーベット。
美しい飴細工で、デコレーションしてあります。
出てくるまで時間がかかったのですが、
こんな手間暇かけたデザートだったのね。

アルコールをそれぞれ2杯(最初のドリンクはサービス)戴き、
これで、5,135円。良心的ですねえ。

別れ際、父が急に『バイバイ029.gif』と言うので、
お互いが大人になり過ぎた今、何故バイバイ?と
不思議に思っておりましたが、
今考えると、来週末NYへ出かける娘には、
英語での挨拶が良かろうと、思いついたのかもしれません(苦笑)


[PR]
by blueinjpn | 2009-01-30 23:59 | その他中央線グルメ
西荻北口の住宅街に、赤と白の看板。
気づかぬ間に、パン屋さん bakery+cafe fun!!houseが出来ていたのでした。
そういや、最近この道を通勤に使っていなかったもんな。
c0074444_9291287.jpgc0074444_9294538.jpg
んで、甘いパンを色々買ってみました。10日ほど前のことなので、値段などは失念。
お高くはなかったけれど、お安くもなかった気が。大量生産ではないので、コストを考えるとこの値段なのかなあと思いました。

買ったのは、小さなマドレーヌ、2個入り
これは、美味しかった。

大好きなクロワッサン・ザマンド
濃厚で、しっとりだった気がします。

c0074444_930741.jpgc0074444_930255.jpg
ブリオッシュに、カスタードが入っていたかしら?

抹茶のシフォン
ふんわり軽めですね。実は、シフォンケーキには、あまり興味がなくて。
嬉しかったのは、底に小豆が入っていたこと(全日本粒餡党)。
c0074444_9304033.jpgc0074444_93107.jpg
看板が目立ちます。可愛いですね。
店内は、オープンキッチンです。カフェも併設していました。

大好きだったムッシュ・ソレイユは荻窪へ引っ越してしまいましたが(涙)、
新しいパン屋さんが、登場するんですね。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-29 23:59 | 西荻グルメ

めぐりあい 再び。。。

運命の糸は、繋がっているのだろうか。

片方に想いがあれば、繋がりは途絶えないものなのかもしれない。
運命の糸で引き寄せられ、再び巡り合う時期を待っていたのかもしれない。

人生には、離れようとしても、切れない縁があるのだ。きっと。

再び巡り合うのは、偶然ではない、必然なのだ。。。
運命の歯車が、回っているのだから。












































わざとらしい、前振りが長くなりましたね。008.gif

あのおにぎりファンの方、2か月ぶりのこの画像、感涙にむせんでください(私だけか。。汗)

c0074444_21142722.jpg
焼きたらこに、おかか016.gif
c0074444_21153097.jpgc0074444_21153528.jpg
品川、いや山手線内でのBest Lunch大賞を捧げましょう。
ありがたいです、400円
こうなりゃ、コスト・パフォーマンス大賞も、持ってって頂戴。

遅い時間帯だったので、お総菜は残り物(失礼)ですが、鮭、まぐろ竜田揚げ風に野菜炒め。
いずれも、完璧に旨いです。
c0074444_2116572.jpg
離れ離れだった溝を埋めるかのように、求めてやまないこの想い。

翌日も、ツナマヨ と ごま高菜 のおにぎり。
時間帯が遅かったので、注文を聞いて作ってくれた握りたて。ふんわり、あったか。016.gif016.gif
c0074444_21162770.jpgc0074444_21164363.jpg
同僚のイチオシだった、ごま高菜。確かに秀逸。
ほんのり甘く感じる高菜に、ごまが入っていて、高菜が得意でない私も、『おおお』と思う旨さ。中味も当然 たっぷりです。

お総菜は、八宝菜。野菜たっぷり、あんかけとろりで、ウマウマ。
c0074444_2117337.jpgc0074444_21182740.jpg
お馴染み アツアツ豚汁も、変わらぬ旨さ。野菜たっぷり、具沢山。
c0074444_21184953.jpg
毎日食べても飽きないところが恐ろしい。

梅おかか に あさり(佃煮)016.gif016.gif016.gif
c0074444_2119974.jpg
初めて選んでみた、梅おかか、最高!
つぶした梅に、おかかがたっぷり。これも外せなくなりそう。
て、ここのおにぎりでハズレはひとつもないですが。
c0074444_21194547.jpgc0074444_2120029.jpg
あさりの佃煮、たっぷりウマー!

お総菜は、マーボー茄子に、厚揚げ。文句の付けようもなく、美味しゅうございます。


以前から 読んで下さっている少数の方は、
あのさ、おにぎりは分かったけど、2か月前にオフィスが引っ越したのに、
なぜ食べてんのよ?
と思うでしょう。

ええ、私も思います。何故、ここでまたおにぎりを食べているのかと。039.gif039.gif

2か月前に所属部署が御茶ノ水に引っ越し、通勤も楽になり、通勤時間も20分短縮し、
神田・御茶ノ水界隈のランチには楽しいエリアで、
朝から『今日のランチは何にしよう』なぞと考え、
のんびり楽しい日々を過ごしていたのでした。

そんなある日(約10日前)、
『Blueさん、あなたの実力で云々』と
根拠のない言いがかり、濡れ衣、汚名を着せられ、
元のオフィスの違う部署(イチバン忙しく、殺伐としている)に、異動の命が!

いやなこった!
まだ、行ってみたいお店もあるし、オフィスはのんびりして雰囲気も良いし、
呑気かつ本気で、『んじゃ、辞めます』(雇用不安のご時世で、先を考えない不届き者)と言ったのに、
強制送還されてしまったのだ007.gif007.gif
楽しかった神田・御茶ノ水のオフィス生活も、たったの2か月でピリオド。いやあああ。002.gif002.gif002.gif

また、おにぎりに巡り合う日が来てしまったのです。
そこまで、想っていたんだっけ?自分。。

神田・御茶ノ水記事を楽しみにされていた皆様、申し訳ございません。
また、放逐されない限り、あのオフィスには戻れませんの。
なので、最後は、神田・御茶ノ水を総力で、カバー致しました。

あああ、オフィスは広いし、
高層ビル全部自社ビルだから、トイレの心配はないけど
(御茶ノ水は雑居ビルのワンフロア借り上げに70-80名いて、女子トイレは二つしかなく、女子全員の悩みの種だった)、
ランチ的には、正直面白くない。
テナント代のお高いこのあたりは、チェーン店ばっかりで無個性なんだもん。
客単価高めなのもイヤ。

こうして巡り合えたのだから、暫くはおにぎり三昧ね。
喜んで良いものなのか。。


あ~あ。。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-28 22:31 | Lunch@山手線内
私のBest of 大福、ごま大福庄之助が、オフィスから徒歩圏内であることに気付きました。。

おお、本店で買ってみたいではないですか!
c0074444_15178100.jpgc0074444_15172512.jpg
こじんまりとした可愛い店内に、ところせましと和菓子が置いてあります。
会社帰りに訪れた時は、ごま大福が売り切れでしたので、電話で予約をして取り置きしてもらいました。
c0074444_15175281.jpgc0074444_15181431.jpg
ごま大福 150円だったっけ。。(失念)
写真がかなり惨いことになりました(汗)。荷物と一緒にしていたら、潰れてしまいました(泣)。
大変なイメージダウンの写真ではございますが、おおお、やはり美味しいですねえ。
約1年ぶりでした。いや、昨年の3月頃に食べたか。

包丁で切って更に潰れた上、夜撮ったので、目も当てられないお姿になってしまいましたが(汗)

半摺りの白胡麻の歯触りと、お餅の相性の良さ、
また、あんこが良いんです。

紫色の粒餡、甘さも程よく、灰汁をマメに取っているであろう、手をかけた感が伝わってきます。
伝統のレシピなのでしょうな。

そこそこ美味しいあんこはあるが、『さすが!』なあんこは少ない中で、素晴らしく美味いです。

c0074444_15182931.jpgc0074444_15184233.jpg
名前に惹かれた色白さんのえくぼ 180-200円くらいだったか。。(またも失念)
山芋を使った薯蕷(じょうよ)饅頭が大好きなので。

色白さんの頬に、笑顔が浮かんだ時に出来るえくぼ。
なんだか、幸せな気分になります。中には、大きな栗が入っていました。

おススメな神田の名店です。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-25 23:59 | 御茶ノ水・神田グルメ
神田神保町は、カレーの名店が多いです。
全部制覇したいところですが、自分の好みに合いそうな共栄堂さんへ。 
仕事帰りに、ぶらぶらと歩いて寄ってみました。

お値段は、ややお高めだなあ。。材料に良いものを使っているのね、きっと。
だけど、ラーメンやカレーに1,000円以上支払うのに、どうも抵抗があるので、ポークカレー 900円に致しました。

周りの方は、ほとんどがビーフカレー。かなり黒いルーに、ビーフの角切りがどっさり。
ああ、美味しそうだけど、1,300円出すのは初めての店では冒険過ぎるわ。次回にしようっと。でも、羨ましい。。

c0074444_159128.jpgc0074444_1582199.jpg
オーダーするや否や、ポークカレーが運ばれて来ました。

ビーフカレーほど、黒くはないけれど、こちらもかなり濃い色ですね。

スマトラカレーって、オリジナルですよね。スマトラ島のカレー の作り方をアレンジしたらしいです。
c0074444_15750100.jpg
懐かしい銀の容器(笑)から、期待をこめてご飯にルーをかけてみます。

ルーはさらさら、スパイスが効いた好みの味です。しばらく経つと、じわわ~と辛さが効いてきます。
うーん、美味しいですね。値段が高いのは、スパイスをたくさん使っているからでしょう。
これは、オウチでは出来ないカレーです。
テーブルには、福神漬けとらっきょが用意されています。

ゴハンが多めなんで、カレールーをうまくやりくりしないと、ゴハンが残ってしまいます。。
最後は、福神漬けで食べる羽目になりました(笑)。
c0074444_15102737.jpgc0074444_15104141.jpg
意外な伏兵が、着席と同時に運ばれてきたポタージュスープ。
甘く、コクがあり、美味しいのです。辛さの口休めだと思うのですが、カレーの合間に戴くと、カレーが更に辛く感じます(笑)。

ああ、辛い。ああ、旨い。
あっという間に食べ終えます。
オジサン率(常連多し)が高いのですが、平均滞在時間15分ほど。。
あっという間に出てくるので、皆さん、ささっと食べては出て行きます。

お店は靖国通り沿い、書泉グランデ向かい側あたり

店内は、神保町らしさを感じる 懐かしめのインテリアです。
地階にありますが、広々としたレイアウト。ガラス張りなので、暗さを感じさせません。
後から分かったことですが、案内された席は、どうやらキムタクの座った席のよう。
(TVでキムタクが食べに来たらしいです。オーダーは、ビーフカレーらしい。特にファンではありませんが。。)

接客は、てきぱきとぞんざいのどちらにも転べそう。。常連には笑顔のようですが。

この次来るとしたら、ゴージャスにビーフカレーが食べてみたいな。
焼きりんごのある時期に、再訪したいな。。と思うのでした。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-24 23:59 | 御茶ノ水・神田グルメ

揚まんじゅう@竹むら

神田志乃多寿司で美味しい大阪寿司を戴いた後、憧れの竹むらへ。
実は、こちらがメインだったのです。

私の大好きな 江戸情緒 池波正太郎エリア(勝手に命名)にある 趣のある佇まい。
ここで、池波正太郎氏が買い求めた揚まんじゅうを戴くつもりなの。

時代劇に出てくるセットみたいですね。良く保存してきたものです。c0074444_1015947.jpgc0074444_1022046.jpg
店内に入って、思わず溜息。外から見るより、ずっと素敵なんですもの。
客席が広々と取ってあり、開放的な雰囲気があります。

小上がりのテーブルは、アンティークそのもの。鬼平犯科帳の世界に迷い込んだかのよう。

ちょうど陽が射してきたタイミングもあり、ガラス戸から、陽光が零れます。
テーブル席から、山茶花を眺めつつ、想いに浸ってしまいますね。
c0074444_1013098.jpgc0074444_1025587.jpg
まず、運んでくれたのが、さくら茶
まあ、なんて美しいのでしょうか。お湯の中で、春が花開いていますよ056.gif。すっかり気分が盛り上がります。

粟(あわ)ぜんざいも有名ですが、揚まんじゅうに決めていたので。
接客して下さるのは、若くて、初々しいお嬢さんです。
c0074444_1034293.jpg
お待ちかねの揚まんじゅう430-450円だったか。。
熱いうちに頬張ろうとしたら、火傷しそうになって、慌てて皿に戻しました(汗)。
断面から湯気がほわほわ。湯気って幸せな気持ちになりますよね。
c0074444_1055573.jpg
お土産にもできますが、やはり温かいうちが美味しいですね。衣はカリカリ、中はふんわり。しっとりとしたこしあん。
大変、美味しゅうございます。
c0074444_104032.jpg
同僚のあんみつも、美味しそう。
私が写真を撮るのに慣れてしまい、『はい、これも撮るでしょ』と差し出してくれました(笑)
800円近くなので、お安くはないですが、良い材料を使って、良心的に作っている様子。

お高め価格でも、このお店の雰囲気は得がたいです。

c0074444_10105757.jpg豪華なランチだったなあ~。

神田志乃多寿司も、
竹むらも素敵だったわ~。

神田、御茶ノ水近辺は、
個人経営のお店がちゃんと存続していて、
きちんと作っている気持ちが伝わってきます。

早い春を感じさせてくれた2軒の老舗、
印象深い、思い出に残るランチでした。。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-23 23:59 | 御茶ノ水・神田グルメ
神田淡路町にある神田志乃多寿司の本店。
地階で戴けるようなので、同僚のおススメによりランチに訪れてみました。
子供のころ、お土産か何かで戴いた覚えがあります。

建て直したであろうお店は、清潔で美しく、てきぱきした接客も心地良いですね。
c0074444_9553366.jpg
地階のメニューは、カウンターとテーブル席で、こじんまりとしていますが、清潔感が漂い、地階である暗さがありません。
カウンター席で戴くのも楽しそうですが、テーブル席に案内されました。
メニューを眺め倒して
しのだ(稲荷寿司)、ふくさ(茶巾寿司)、太巻、海苔巻(かんぴょう 2個)のセット 770円(税別)を。この日は、別の店で、食後に甘いものを戴く予定だったので、軽めのつもりで。

好きなものをひとつづつ、選ぶことも出来ます。
ここは、江戸前ではなく、大阪寿司のお店です。

もうすぐ、節分。恵方巻き代りにしましょう。

皿の上には、一足早い春が溢れるかのように、彩りが美しいです。

太巻きの美しいこと。ずれることなく、きちんと中央に具が詰まっています。
しのだの優しい甘さに、思わず溜息。『美味しいねえ』と同僚と頷き合います。
干瓢もしっかりと煮含めてあり、ジューシーな海苔巻です。
味付けが濃いめなのは、ご馳走感、満足感を出す為なのでしょう。濃いお茶と戴くのが似合います。

ふくさ(茶巾寿司)は、半分に切って出されたのですが、
中には海苔、胡麻、甘く煮た蓮根の刻んだもの等が入っており、食感も楽しく、大変美味しいです。
今まで戴いた茶巾寿司の中で、一番美味しいかも。

飴色のガリ(大好き)は、甘さ控えめでキリッとしており、甘味の強いお寿司とのバランスが良いです。

c0074444_9561761.jpgお通しで出た、一口のお豆腐も美味しいです。
こちらで口を清めてから、お寿司を戴くのは、
心にくい演出ですね。

職人の心意気が息づいているような
大変美味しいお寿司に満足致しました。

帰りのお会計時に気付いたのですが、
季節限定の柚子のふくさがあったよう。。
年末の神田まつやと同じパターンで見逃していました(涙)
柚子が大好きなので、ちょっとがっかり。。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-23 23:56 | 御茶ノ水・神田グルメ
ドイツ・レストラン フランツィスカーナー バー&グリルでランチ。

店内は、表から見るよりもずっと素敵です。
2階席で戴いたのですが、ランチだということを忘れてしまうくらい寛げる雰囲気。
ビール068.gifかワインを戴きたいところです。モノホンですから、どんなに美味しい事やら(涙)

ドイツレストランですから、やっぱりハンバーグ・ステーキに致しましょう。
元々は、地名を名付けたハンブルグ・ステーキですね。
c0074444_917147.jpg
ハンバーグ・ステーキ パン(ライスも可)とドリンクで、1,100円

意表をつかれた、まん丸のハンバーグ。か、可愛い!
グリーンのソースは、バジルでしょうか。やや酸味もあるので、バルサミコも使っているかな?
c0074444_9171918.jpgc0074444_9173694.jpg
切ってみると、ほわほわと湯気が立ちます。
火の通し方も良く、ジューシー。かなり、美味しいです。
ああ、ビールやワインと戴いたら、どんなに美味しくなる事やら(まだ、言ってるし)。。

サイドのザウアークラウトも、ポテトも美味しく、
ハンバーグにしては珍しい、大人の味でした。

雰囲気も宜しく、全員絶賛。サービスも悪くありません。

別テーブルで召し上がっていたソーセージの盛り合わせも、大変美味しそうでした。

こちらでは、大変美味しいビールが戴けるのも気になります。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-22 23:59 | 御茶ノ水・神田グルメ
古本屋街といえば、神田神保町。喫茶店で有名なのが、さぼうる
ナポリタンが戴けるのは、 さぼうる2
ランチタイムには遠くて無理なので、帰りに行ってみやした。
一度行ってみたかったワケなのよ。c0074444_1281926.jpgc0074444_12827.jpg
お店は、昭和の面影と、古本の匂い、煙草の匂い、青臭さ、ノスタルジアが混じっています。
減少しつつある いわゆる喫茶店。好きですね。
混雑時でなければ、好みの席に座らせてくれるところもいいな。
何となく、地下の席へ。床が薄いみたいで、階上の音が響きますが(苦笑)。
照明がかなり落としてあるので、読書をするには暗いかも。
c0074444_11301431.jpg
オーダーしたのは、スパゲティ・ナポリタンのセット 850円。サラダとアイス・コーヒー付き。
ピラフとかも気になったけど、やっぱりね(笑)。

ケーキ皿より一回り大きいくらいのお皿に、てんこ盛りのナポリタン。
高さがありますよ、高さが。崩壊しないよう、スパゲティで土台もしっかり固めてあります(笑)。
つや加減が、いかにも美味しそう。。(照明が暗いので、撮るのに苦労しました。。)

美味しいですわ、このナポリタン。
このフツーさが、得がたく良いです。パルメザンを、しこたまかけて戴く幸せ016.gif
ナポリにはないであろう ケチャップ味のスパゲティ。アルデンテとは無縁の、もはや日本食。
こってり、どっさり具も入っているし。マッシュルームがポイントですな。
平らげるのに、一苦労。。スパゲティ1把あるんじゃないかと思うくらい。

c0074444_1283620.jpg接客はあっさりしていますが、
食べ終わるタイミングを見計らって、アイスコーヒーを運んでくれたり、
目配りが利いています。

意味なくニコニコされるより、こういうサービスの方が好きかも。

お腹を減らせて、またナポリタンを食べに行きたくなる気がします。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-21 22:00 | 御茶ノ水・神田グルメ
ここに来たのは、2回目。いや目指したのは、3回目と言うべきか。。

そそっかしい3名は、カレーの看板を見て、すっかりカレーモードになり、店に飛び込んで、メニューを開いたら、刀削麺とか餃子とか。。
あら、カレーはどうしたのかしら??と思ったら、3名の大きなカン違いで、そこは刀削麺屋さんだったのでした(恥)。
思い込みって恐ろしいわね。良く見りゃあ、カレー屋に赤い提灯がぶら下がっているワケもなく(汗)。
結局、その時はそこで頂いたのですが。。

そそっかしい私たちのような人には分かりにくい、入口。フツーのオフィスビルのエレベーターで上がった2階にあります。
エレベーターを降りたら、いきなりガンディー・マハルさんの店内です(汗)。
ビル内には、何の表示もないので不安になりますが、カレーの匂いが既に漂っているので、察しはつくかと(笑)。
c0074444_2156557.jpg
海老カレーのランチ 900円。ドリンクは別で、+100円。
会社に戻って、タダのコーヒーを飲むので、なしってことで。(ケチなんで)

カレーのお味は大変良いです。スパイスもふんだんに使われていて、午後は、カレーの匂いを発散させることになります(汗)。
カレー臭であって、加齢じゃありません。。

ナンは食べ放題らしいのですが、1枚でお腹一杯なんで、試したことはありません。
(なのに、毎回、スタッフに確認する。。笑)
ナンにはちょっとうるさいんで、まあフツーかなと。

カレーのレベルは高いので、おススメです。そういや、神田界隈もカレー屋さん、多いよなあ。
[PR]
by blueinjpn | 2009-01-20 22:23 | 御茶ノ水・神田グルメ