寝ても覚めても、ニューヨーク。。なんちゃってNewYorkerになります。ブログは、移行する予定です。


by blueinjpn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

焼き魚の美味しいお店

外食のLunchって、揚げ物とか油っぽいものや、炭水化物に偏り勝ち。
そんな時、ここに行きたくなる。

名前がうろ覚えなのだが、小さな雑居ビルにあるお店。
美味しい焼き魚を食べさせてくれる。

c0074444_01947.jpg

まずは本日のラインナップを、ザルに盛って見せてくれるパフォーマンスがある。
これで気持ちは様々に揺れるのである。
本日は、鰯、鯵、秋刀魚、鮭、ほっけなど。この他、鯖の味噌煮。
私は青魚が大好きなので、「ええ、もう秋刀魚があるのか。鰯もいいなあ」などと迷いに迷い、結局鯖にした。

c0074444_0194260.jpg小さな冷奴、マカロニサラダ、さつま揚げの煮物(忘れた)、沢庵と昆布の佃煮が付く。
ここの具沢山のけんちん汁は、とっても美味しい。
これを食べたさに行くくらい。
年季の入った、使い込んでいるお鍋からアツアツをよそってくれる。

c0074444_020115.jpg
自分の好きなものを選んでから、焼いてくれるので、コレもアツアツ。

鯖には、大根おろしを添えてくれる。(どの焼き魚にも付いてくるのだが)
ごはんはお代わり自由。

オススメ度
★★★

お昼に、その場で魚を焼いてくれる店なんて滅多にないので、ここはいつも混んでいて(小さな店だし)、
ダッシュで行かないと、満席なことも多い。

c0074444_0205049.jpg

Fで、私が最近気になっていた黒蜜抹茶フロートをデザートに。
ここのフレーバーポテトも大好き。
一番好きなのは、焼きとうもろこし味。
[PR]
by blueinjpn | 2005-07-29 23:18 | Lunch@赤坂見附

隣の芝生は青い?

今日のランチは新規開拓。
先日行った店の帰り道、「今度はここにしようか。」と言っていたこの店

行ってみたら、またこの界隈特有の暗い個室だ。
このエリアは、やっぱり夜の街なのかな。何となく水っぽいのだ。

かなり照明を落した店内で、メニューを眺めるのにも一苦労。
しかし、私の中では、表看板で見た 極上 地鶏の親子丼 に決めていたのだ。
c0074444_2144764.jpg

じゃーん。これがその親子丼。
かなり濃い目の味付け。これは喉が渇くだろうなあと思いつつ、万人が好きな懐かしく、日本を代表するジャンクなFastfoodだ。
鶏スープとお漬物、デザートはわらびもち(ていうか、信玄餅の黒蜜なし版か)。
〆て880円。

c0074444_215251.jpg
親子丼をアップにしてみたところ。

しかしながら同僚の食べた
日替り色彩御膳、本日は鶏の唐揚げ、葱辛味ソースがけ、880円。
豆腐御膳1,080円
がゴージャスでこっちにすれば良かったとかなり後悔。。

だって日替り色彩御膳は、メインの他に、味付け卵のようなものがおばんざいとして出るし、ご飯にはおじゃこが載せてある。
おまけにデザートは私のほうは、ちびっちゃいわらびもち1個なのに、
同僚のデザートは大きいゼリーだ。
コーヒーゼリーだ、いや紅茶のゼリーだと揉めたところ、
お店の方に伺うと黒砂糖のゼリー、豆乳がけだそうだ。

豆腐御膳は作りたて、あつあつの大きな豆腐に、
ぼたん海老、マグロの豪華なお刺身、味付け卵のようなおばんざい、
やっぱりデザートだ。

私があまりに羨ましがり、悔しがるので、
同僚は食い意地の張った私の食い物の恨みを買うのも生命の危機に関わると思ったのか、
出来立て豆腐やら、葱辛みソースかけの唐揚げやら、ゼリーやらを味見させてくれた。

豆腐は甘くて、大豆の味がしっかりしていて美味しい。同僚はお漬物の美味しい某店より豆腐は上だと太鼓判。
唐揚げも衣はからっとしているのに、鶏肉は柔らかくて美味しい。
葱の辛みソースもいい感じ。
ゼリーはそばちょこくらいの大きな器だ。

親子丼もとっても美味しかったのだけれど、構成がシンプルなので、
同僚のメニューの豪華さが悔しかった。

ランチメニューはこちら

お魚のメニューや、牛すじピリカラ豆腐も気になるし、
サービスカードで5回ランチでドリンクサービス。
10回でランチ無料になるらしいので、リピートしたい。

見た目の美しさ、味付けのよさ、手を抜いてない様子にも感心。

特筆すべきは男性店員さんが20代そこそこでなかなかのイケメン、
擦れていない初々しい接客態度に好感が持てます。

オススメ度
★★★★

今日のNY準備作業

アディダスのソフト肩掛けバッグで行こうと思って出してみたのだが、いくら夏物で嵩張らないとしても、稽古着、頼まれモノまで持っていくには無理そうだ。

何年も使っていなかったサムソナイトのスーツケース登場か?

あんまり早くパッキングしても皺になるしな、とスーツケースの周りを拭き、
スーツケースの中に残っていたラルフ・ローレンのシーツセットを見てビックリ。
イイカゲンに、このシーツ使おうよ。と思いつつ(アメリカのシーツ、かなり丈夫で、
すぐに乾くため、同じシーツを使いすぎている傾向あり。。

今日のワークアウト結果
今日はジムには通っておりませんが、
同僚に「この傘たてにあるビニ傘、引っかかって邪魔なのよねえ」と聞き、
どれどれとどけようと引っ張ったら、骨が折れてしまった。。
取り合えず同フロアにある同僚に「誰の傘?」と聞いてみたら、該当者がいなかった為、アドバイスもあり、証拠隠滅のため、ゴミとして棄てることに。。

この前、朝歯磨きをしていたら、バキッと歯ブラシの柄が折れた。
もしかして、ワークアウトの結果が出すぎなのかしら?
[PR]
by blueinjpn | 2005-07-06 21:53 | Lunch@赤坂見附

Happy birthday to my dad

c0074444_21244315.jpg今日はウチの父の誕生日の前祝。
実際は明日が誕生日なのだが、私の都合で勝手に今日、誕生日祝いをした。


c0074444_21251885.jpg
たまには外で飯を食おうと、面倒臭がる父を無理矢理呼び出し、仕事帰りに待ち合わせた。
行った店はここ


居酒屋なのだが、落ち着いた雰囲気が好き。
つきだしは5品の中から選べて、暖かい出来立てのお豆腐を。
抜かりなく、クーポン券なども持参し、ワンドリンクサービスで生ビールを頂きました。。(プリンターはこういう目的にのみ使用している。)


c0074444_21264643.jpg
メニューはこんな感じ
じゃこのパリパリサラダがお気に入り。
春巻きの皮をあげたもののような入れ物にサラダ、じゃこがたっぷり。
青じそドレッシングをチョイス。


c0074444_21272368.jpg
旬の串揚げ盛り合わせ。鮎の稚魚、ホワイトアスパラ、海老、豚ヒレに青紫蘇。
塩で頂くのでサッパリ。


c0074444_21345392.jpg
特製つくね。卵の黄身をからめて頂く。


c0074444_21283121.jpg
父のリクエスト、
梅しそのつくね
旨かったらしい。


c0074444_21285910.jpg
同じく父のリクエスト、
鰻の白焼

身が厚い。この値段でこの見栄えは立派。


c0074444_21293472.jpg
私のHP、およびブログでは、特定の人物写真を載せないようにしているのだが、フツーの一般人
ウチの父なら、当たり障りもないので、載せてみた。
初公開、ウチの父です。
(ウチの父はナル男なので、写真を撮られるのが好き。
写真嫌いの私と大違い。)



c0074444_21295238.jpg
知らないジジイの写真を見せたところで、ヨソ様にとって、ご迷惑シリーズなのだが。。

c0074444_2130093.jpg
何となくご機嫌もうるわしかった様でございます。
病気をせずに、元気で、これから先の人生を楽しんで頂戴ませ。

食べ終わると、とっとと帰ろうとするので、早く帰宅出来ました。。

[PR]
by blueinjpn | 2005-06-14 21:45 | 季節

揚げたてのアツアツを

今日のランチは久し振りに串揚げのお店。 
c0074444_21112923.jpg

840円の一番安いコース(風)でも、串揚げ7種、
ご飯、お味噌汁、お代わり自由
瓶に入ったお漬物食べ放題、
サラダ、温泉卵が付くのは良心的。
温泉卵はご飯にかけて、卵かけご飯に。
串揚げは揚げたてのアツアツが頂けるのも、嬉しい。

メニューはこちらc0074444_20432715.jpg
今日の串揚げは
かまぼこ、
下味の付いた蒟蒻、
かぼちゃ、
グリーンアスパラガスと若鶏、
豚ヒレ、
ピーマンの肉詰め、
白鱚(ねぎの刻んだものが上にのっている)、
でした。

こんな風に、2-3本ずつ持って来てくれます。
揚がった傍から、サービスして貰えるのに、840円は嬉しいもの。
夜だったら、とても来れないかも。

写真はかまぼこと蒟蒻。
食べるのに集中したいので、はじめの内に撮ってしまいました。

ソース、からしの他に、塩で食べることも出来ます。テーブルに用意してあります。

アツアツの串揚げはやっぱり嬉しくて美味しい。

味噌椀のレベルもなかなか良し。

お腹いっぱーい。ご馳走様でした。

公式サイトはこちら

オススメ度
★★★★
[PR]
by blueinjpn | 2005-06-01 21:16 | Lunch@赤坂見附

Birthday Lunch?

今日はメデタクもないが、一応私の誕生日
てことで、同僚がLunchをご馳走してくれることに。
結局、昨日のうちに予約をして下さっていたこの店に連れてってもらいました。(既出のお店ですが)
予約をしないと席が取れないこのお店、雰囲気が素敵。
c0074444_21441530.jpg
奮発して頂いて市川猿之助の楽屋めし(限定)をご馳走して頂きました。
c0074444_21443523.jpg

ご飯は白米か麦ご飯からお好きなものをチョイス。私は麦ご飯。
地卵とお水のエビアンのボトルが付いてきます。

いつもは皿うどんなので、今回は一番高価なメニューだな。
すまんね。私から言い出したワケじゃないのよ。

小さめのグラスに入った辛口の白ワイン(メニューについてくる)で乾杯して頂いた。
ありがとうございます。
祝って頂くほどのこともないんすけどね。。。

お味噌汁、お新香、
海老フライ、茶碗蒸し、茄子の田楽、お刺身風の小鉢、中華風の炒め物(NYの持ち帰りコリアンデリでありそうな味)他2種
更にムースのようなデザート、100円でオプションのアイスコーヒーも頂き、
ゴチになりました~。

お祝いのメールを下さった友人にもありがとう。

今年が新たなチャンスや出逢いに恵まれた成長できる年だといいな。

夜はまた夜で美味しいものを頂きました。
[PR]
by blueinjpn | 2005-05-26 22:07 | Lunch@赤坂見附

飛騨へ行ってきました

はじめて飛騨へ旅行して来ました。
NYだのなんだのと好き勝手に旅行しているのですが、たまには父を連れて(彼も娘を連れてと、お互いに相手を連れていると思っている)、旅行して来ました。

飛騨高山は観光ズレしていて、メインの通りは、なんだか原宿竹下通りを思わせるようでした。
多分裏道や横道に入ったところには良いところがあるのだと思いますが、
時間の限られた旅行だと見つけることが出来なくて残念。

c0074444_21213228.jpg

私の気に入ったのが、
飛騨古川
の町。
小さいながらも清潔で情緒があって、素敵なところでした。
c0074444_20203449.jpg

まだ観光ズレせず、酒屋さん、着物やさん、お饅頭やさん、骨董店などの専門店が姿勢を正して立ち並び、白壁沿いに綺麗な水の流れる水路を鯉がゆったりと泳ぐ
しっとりとした町。c0074444_20191762.jpg
 

c0074444_21203152.jpg

金沢や京都よりも雰囲気が良いかも知れません。


c0074444_2019382.jpg

白川郷も天気に恵まれ、東京よりも1ヶ月遅れの気候で、新緑を楽しみました。

この合掌造りを保存していくには大変な苦労があるのでしょう。

吊橋を渡って行くのも、趣があります。


c0074444_2123545.jpg

もちろん、食い意地も抜かりなく。

夕食で出た飛騨牛のしゃぶしゃぶは、もっと食べたい。。と思わせる程度の量でしたが、美味しかった~!

c0074444_21401715.jpg
 
会員制が基本のホテル
でのLunch(写真上)、美味しゅうございました。
なすの煮びたしが上品で絶品。
素材を生かした煮物や、軽く湯引きしたまぐろのお刺身、飛騨牛と野菜の鉄板焼、ご飯も美味しい。
お漬物の柴漬けを細かく刻んだもの、胡瓜の浅漬けにもやられました。
ここのホテルはロビーやラウンジも素敵で、心の保養をさせて頂きました。
ここでは、Lunchしただけで、泊まった所は別なんですけどね。

と言っても、大名旅行ではなく、これが格安バスツアーなんです。
詳しくはそのうちAnnexでアップしたいと思っとります。

[PR]
by blueinjpn | 2005-05-17 21:57 | 旅行
ウチのボスのオススメのお店でLunch。
人気店で混むと聞いていたので、事前に5名で予約。
2日前に行ったお店とそう離れてはいなかった。

c0074444_21143215.jpg京都祇園を本拠とするこの店は小道に入った目立たない店ながら、女性客で満員。
靴を脱いで上がるのだが、カウンター席も、私達の個室も、掘りごたつ式なのは、ラクで嬉しい。

入り口は民家に伺うような雰囲気。2階もあるらしい。

c0074444_21145481.jpg

Lunchは八坂にしました。
予約した席に着くと、既に大振りの鉢に盛られた京都のお漬物と各お盆に盛られた小鉢がセッティングしてあった。縦縞のお湯呑みとご飯茶碗のセンスも宜しい。
お漬物は壬生菜や白菜、茄子、胡瓜、蕪など
皆から「わぁー、美味しそう」という歓声が上がる。
これにお櫃に入った炊き立てのご飯を持ってきてくれます。
さらに赤だし、ちりめん、小鉢はひじきの炊いたもの。メインはここの名物だし巻き玉子
左の小皿は鉢からお漬物をとったもの。
お漬物の鉢は、だし巻き玉子が来る前に、ご飯のお櫃が来た途端、皆が我も我もと取ってしまったので写真に撮れず。。
c0074444_21151562.jpg

これがメインのおかず、だし巻き玉子。
以前紹介した お気に入りお蕎麦やさんのだし巻き玉子のようにフワフワであつあつ、湯気がホカホカたっている。あそこはそばつゆのだしなので、ここの淡口醤油の玉子とは微妙に違うけれど、満足度120%のLunch。

お店の雰囲気も良いけれど、
出るもの一つ一つ全部に気を遣っているのが分かる。

ご飯、美味しい。炊き具合もお米の質も最高。だし巻き玉子が大きいと聞いていたので、ちょびっとしか盛らなかったのだが、お代わりしてしまった。

私は漬物は苦手であるが、ここの浅漬け風のお漬物は、昆布だしと淡口醤油が効いていて、めちゃめちゃ美味しい。これがご飯をお代わりする理由になる。2杯目、3杯目はお茶漬けにしても良い。

小鉢のひじきは、関東風の醤油と砂糖の味付けではなく、だしの効いた関西風の味付け。

ちりめんもご飯にぴったり。お酒のおつまみにも良さそう。

赤だしのお椀にノックアウトされました~。
本当に美味しいっ。お代わりしたかった。。

このエリアのLunchでは、今のところ最高点

大きなお櫃も5人で綺麗にカラにしましたとさ。
これで1,050円は納得。
終業時までお腹いっぱい、っていうか、食べ過ぎ。

オススメ度
★★★★★

公式サイトはこちら
[PR]
by blueinjpn | 2005-05-13 22:46 | Lunch@赤坂見附

美味しいお蕎麦

c0074444_654245.jpg今週末は、お気に入りのお蕎麦屋さんで飲むことに。
先週が讃岐うどんだから、今度はお蕎麦ってワケでもないのですが。 
蕎麦屋で呑むなんてちょっと通みたいでしょ。
c0074444_6533966.jpg日本酒は苦手だけれど、ここの吟醸酒は白ワインみたいで飲みやすい。(黒龍だったかな)
お猪口は、好きなものを選ばせてくれるのが楽しい。
今日は底の方に桜の花が浮かんだ透明のガラスのものに。

c0074444_6541769.jpg
私は飲んだ締めではなく、先にせいろを戴く。
変わらずに美味しい。
繊細でいて、コシがあり、モチモチしている。友人も大喜び。
600円なのに、ボリュームがあって麺の茹で具合、固さも好み。
が、蕎麦をしょっちゅう食べる程でもなく、ここばっかりなので、蕎麦通なワケではないのですが。

c0074444_6544918.jpgつまみも充実。シーザーサラダ。
ドレッシングが美味しい。パルメザンもたっぷり。
c0074444_655530.jpg合鴨の煮びたし。見た目も美しく、良いつまみ。
他にカリカリ餃子。これはまあ普通。
c0074444_6552078.jpg

この店で必ず食べるオススメ、出汁巻きたまご。ふわふわで湯気が立って運ばれます。
これはオウチでは出来ないものだわね。
人数分で分けられるように切ってくれる心遣いも良し。

元々は友人に連れてきてもらった店ですが、すっかり気に入って何人か友人を連れていってます。皆気に入ってくれる自信を持ってオススメの

夜はジャズが流れ、インテリア、照明の落とし具合も素敵。
照明を当てたお庭が見える奥の席が好き。
入り口はお鮨屋さんか天麩羅屋さんのようで、高いのかな?と思うのですが、
居酒屋で飲むより安くて、お腹いっぱいになる良心的な価格。

春の宵、素敵なお猪口で杯を重ね、友人と親交を温めました。
また、行こうね。

オススメ度
★★★★★
[PR]
by blueinjpn | 2005-04-22 23:51 | 美味しいもの

歌舞伎なランチ

Lunchも同じところばかりで、新規開拓がないのだが、
飲食店の激戦区なので、生き残っていくには大変そうだ。
テナント代も高いのだろうなあ。
この値段で、この内容は良いではないかと思っていると、
Menuが変わってしまったり(高くなって、飲み物が別チャージになったり)
潰れてしまったり。
予約しないと、席が取れないのだが、今日は この店
c0074444_6403338.jpg
空飛ぶ歌舞伎役者E氏プロデュースのお店。
お店の雰囲気はかなり良い。
c0074444_6405142.jpg
最近はランチ時、私がデジカメで撮るのに慣れた同僚が「ここ撮ればいいじゃん」とおっしゃって下さる。。。
c0074444_64183.jpg
私はいっつもこれ。
皿うどん。1000円。
おにぎりと豚の角煮、うずらのたまご、野菜が景気良くのっている皿うどん、スープ。
ここはお水はエビアンをボトルで置いてあり、
地玉子がカゴに人数分置いてある。
玉子の価格高騰の折、同僚は持って帰りたい、とつぶやいていた。

c0074444_733110.jpg
同僚の食べていたもち豚の茹でたものにポン酢風ソースをかけるもの。
とろろがついて、ごはんは白米、麦ご飯からチョイスが出来る。
ご飯はお代わり可。

お店の雰囲気は歌舞伎風で素敵なのだが、かなり照明を落としているので、
視力の悪い私にはかなり暗く感じる。(Menuを眺める時に大変)
雰囲気も含めて
★★★
[PR]
by blueinjpn | 2005-03-11 12:36 | Lunch@赤坂見附